税務顧問(継続的なサポート)の内容・料金

私のモットーは「方向性を共有すること」
正解は、お客様の方向性によって変わるからです。

ひとり会社で借入もなく、拡大しない方向の会社であれば、税負担を最少にすることが正解かもしれません。

一方、人材や融資が課題となる、拡大する方向の会社はどうでしょうか。
税金を払ってでも財務体質を強化し、決算書の評価を高めることが正解になるでしょう。

 

質問への回答、私からの提案は、
すべて「お客様の目線」に立ってアドバイスいたします。

あなたの目標、悩み、不安をぜひお聞かせください。

※開業前の方、決算直前の方、税理士変更をご検討の方、遠方の方もご対応可能です。
※お問い合わせフォームはこのページの下部にあります。一通りをお読みになってからお問い合わせ頂けますと幸いです。

私の税理士としての強みと、他の税理士との違い

私の強み・他の税理士との違いをまとめてみました。

※タップorクリックで詳細が表示されます

担当が変わりません

税理士業界は基本的に離職率が高いため、担当が変わりがちです。
人が多い事務所だと、資格のないスタッフが担当になることも。

ですが、私は人を雇わずにひとりで仕事をするスタイルです。
担当税理士が変わることはありません。

独立している税理士としては再若手の部類

私は、平成元年(1989年)生まれの税理士です。
27歳の時に税理士試験に合格し、28歳の時に税理士登録し、同年独立しました。

現在31歳の私は、平均年齢60代以上の税理士業界では、最若手の部類になります。

若手起業家さまとは価値観の共有・仕事の進め方がスムーズですし、
独立・起業における若手特有の悩みについて、共に考えることができます。

話しやすい

手前味噌ですが、「めちゃくちゃ話しやすいですね」「何でも相談できるので助かる」とよく言われます。

複数の税理士とお付き合いした方から、「今までの税理士の中で一番話しやすい」と言って頂けることも多いです。
(ブログを軽く読んでいただけると、雰囲気が掴めるかと思います)

また私自身、ゼロから営業をして顧客獲得したり、お金を借りたり、仕事がなくなるプレッシャーと常に戦っていますので、経営者様の孤独な気持ちに寄り添うことができます。

税務署対応・銀行対応に定評アリ

これまた手前味噌ですが、クライアントさまから、
『銀行(あるいは税務署)から、「良い税理士さん見つけましたね!」と言われました』
というご報告をいただくことがよくあります。

高度なテクニックで特別なことをしている…というわけではなく、

・銀行からの評価が高まるような決算書づくり
・融資がスムーズに受けるための資料作成&説明
・税務調査で争点になりそうな部分は重点的にチェック

といった「当たり前のことを丁寧にやる」ことを心がけています。

仕事のスタンス

私は2010年頃から税理士業界で働き始めました。

その頃はリーマンショックや震災の影響で、日本の経済はガタガタ。
金融機関の態度も厳しく、担当先の倒産を何度も目の当たりにしてきました。

その時に「何もできなかった」という思いから、「クライアントを守れる税理士になりたい!」という考えを強くし、
中小企業の財務や経営分析を研究しています。

 

事業には、必ず浮き沈みがあります。
景気・政策・災害などの影響を受けやすいのが中小企業です。

だからこそ、「業績の良い時に財務状態を強くすることが大切」というのが、私の信念です。

コロナショック下において、「入野さんの言うとおり、借りられるときに借りておいて良かったです」「内部留保や資産の圧縮を意識しておいて良かったです」といった声を多数いただいております。

厳しい時期にも耐え抜ける会社の体力作りに、ぜひお役立てくださいませ。

財務アドバイスに力を入れています

税理士の本分は「税務」ですが、
先述したように、私は「財務」にも力を入れています。

管理会計、資金繰り、経営分析のアドバイスが得意です。

手法たとえば、こんなことがわかります
管理会計・どこに手を付ければ利益が増える?
・1%値上げしたら、利益はどうなる?
・売上がいくらで、黒字になる?
・人件費と広告費、増やしてもいい?
資金繰り・いくらまで借りてもだいじょうぶ?
・銀行からの評価をアップするには?
・手元にお金を残すには?
経営分析・安全性、収益性、生産性のめやす
・同業他社と比べてどう?
・会社の体質、強み、悪いクセ

 

以下の記事は、私の仕事のスタンスを注ぎ込んだ記事です。
一番上の記事だけでも構いませんので、ご一読いただけると幸いです。

中小零細企業が不況や災害に耐えうる財務基盤を作る方法は、結局のところ1つしかない。

役員報酬の節税対策シミュレーション。税金&社会保険料の負担を減らし手取り額を最大化するには。

独立・起業するなら創業融資を受けとけ、貯金は使うな、という話

電話・FAX使いません

「税理士さんとのやり取りが電話・FAXだけで困る…」という話を聞くことがありますが、
私は電話・FAXは使わず、メール・チャットで対応させていただいております。

レスポンスは当日~1営業日以内に返すようにしています。

「電話は絶対NG」というわけではありません。
緊急時の場合や事前予約をいただいた場合は、電話でも対応可能です。

得意分野・苦手分野(お断りしているケース)

得意分野
・新規設立法人(設立前後の支援、資金調達、経理関係のコーチ、個人事業主の法人成り)
・IT業、Web業、建設業、美容室、飲食店、ネットビジネス

苦手分野
・外国語
・国際税務
・中古車販売業
・芸能関係の業種
・風営法関係の業種

仕事に対するこだわりが強いほうですので、以下のようなケースではお役に立てません。

  • サービスに見合った対価を払う、という感覚がない方
  • 値切り交渉をされる方
  • 最低限のモラルのない方
  • 粉飾相談、脱税相談

サービス内容

主なサービス内容は、以下の通りです。

業務内容
定期面談ご希望の頻度で貴社まで伺います(弊事務所や近隣カフェでの対応も可能です)。

  • 月次決算のご報告
  • 決算予測・納税予測
  • 税務、財務アドバイス
  • 節税に関するご提案
  • お客様からのご相談対応

グラフ・図解をつかったわかりやすい資料で、経営判断に活かせる情報提供をいたします。

ご相談対応面談時以外にも、いつでもメール・チャットでご相談いただけます。必要に応じて私からもアナウンスを行います。

面談回数が少ないプランでも、しっかりと税務・財務面のサポートをしていきますので、ご安心頂けます。

経理内容のレビュー税務調査でダメージを受けない経理体制を築きます。

打ち合わせのない月も、定期的に会計データのチェックを行い、必要に応じて修正やご連絡をいたします。

決算・申告年に1度、決算および税務申告を行います。

銀行の評価が上がる決算書の作成を心掛けています。

税務関係書類の作成・提出届出書・申請書等の作成が必要な場合は、代行いたします。
税務署からの問い合わせ対応税務署とのやり取りは、私が対応いたします。

料金プラン(税抜)

年間売上高1,000万円~2億円ほどの法人様の料金となっており、会計ソフトへの入力代行料金は含まれておりません。

※新規設立法人応援割引→設立第1期の法人様に限り、顧問開始から3ヵ月間は、顧問料半額&毎月面談とさせていただきます。
何かと大変な創業時に、資金調達、事業計画の相談、経理関係の整備などをサポートいたします。

面談頻度月額顧問料決算料合計金額(年間)
年2回
(決算前後)
20,000200,000440,000円
年6回
(隔月)
45,000200,000740,000円
年12回
(毎月)
100,000200,0001,400,000円

打ち合わせの少ないプランでも、メール・チャットでのご相談はいつでもしていただけますし、定期的に会計データのチェックを行います。

この料金表は目安となっておりますので、お客様の業種や関与度合いによって、多少変動する場合があります。

売上1,000万円以下(かつ消費税免税)の方や個人事業主の方:決算料5万円オフ
売上2億円超の法人様:別途お見積もり

※単発で相談したいんだけど→単発コンサルティングで対応可能です。
※初回は決算だけお願いしたい→単発決算サービスで対応可能です。
※子連れでのご面談、歓迎です。遠方の方はZoomで対応可能です。

面談頻度について

年4回など、ご希望に応じてカスタマイズも可能です。

面談頻度は、お客様のご希望や状況に合わせてご案内しておりますが、目安を記載しておきます。

年2回がオススメ
・スモールビジネス(ひとり会社、売上2,000万円未満の会社など)
・信頼できる経理担当者がいる or 自分に経理の知識がある
・原価や人件費がない業種(コンサルタント、エンジニア、イラストレーターなど)

年6回がオススメ
・売上1億円くらいまで
・人を複数雇っている
・複数の銀行から借入がある
・経理に不安がある

オプション料金

ご希望の場合は、下記のサービスも承ります。

会計ソフトへの入力代行

プラン名料金お客様にやっていただくこと
丸投げプラン5,000円/50仕訳領収書、請求書の定期的な送付
クラウド会計ソフト導入プラン2,500円/50仕訳クラウド会計ソフトの導入、銀行口座のネットバンク化・経費精算のキャッシュレス化、レシートのデータ化
※やり方はサポートします

 

  • 年末調整業務代行(源泉徴収票・給与支払報告書の作成及び提出)2名まで20,000円 3名~ 1名あたり+2,000円
  • 法定調書作成代行 20,000円
  • 税務調査立会料 50,000円/日
  • 定期面談以外のご面談 10,000円/1時間
  • その他作業が発生する場合 10,000円/1時間

打ち合わせ場所・方法

顧問契約をご検討の場合、無料で初回面談をさせていただきます。

現状や課題のヒアリング、サービスのご説明を行い、ご納得いただけるようでしたらご契約という流れになります。
ご希望やご質問などもその際にお聞かせください。

初回面談は、入野拓実税理士事務所オフィス(柏駅徒歩5分・駐車場有)で行います。
詳しい場所はお問い合わせ後にご案内いたします。

遠方の方の場合は、Zoomのビデオ通話で行います。

お申し込み方法

  1. 下記問い合わせフォーム or LINEよりご連絡ください。
  2. 1営業日以内に、お問い合わせ内容や日程等について返信させていただきます。
  3. ご面談で双方が納得後、ご契約という流れになります。

面談のご希望日時については、こちらのカレンダーを参考にしてください。


左上ののボタンを押すと前後の月が見られます。
[予定あり](またはbusy)以外の日をご指定下さいませ。

開始時間は、以下の時間帯の範囲内でご指定下さい。
平日:11時~19時
土日祝:8時~11時

※電話でのお問い合わせ対応はしておりません
※ありがたいことに多数のご依頼を頂いているため、値下げ交渉をしたい方、半分冷やかしの方とのご面談はお断りしております

※税理士紹介会社、業務提携、自費出版、営業、セールス、有料広告等は例外なく全てお断りしております。お互いに無駄な時間を過ごさないためにも、そういった内容の送信はご遠慮くださるようお願いします。
また、各種サービス内容と料金をご確認の上、お問い合わせをお願いいたします。

お名前 必須

メールアドレス 必須

メールアドレス(確認用。コピペはお控えください) 必須

ご希望の面談場所

対面(当事務所or柏駅周辺のコワーキングスペース)対面(お客様ご指定の場所)ビデオ通話(Zoom)

ご希望の日時(第1希望)

ご希望の日時(第2希望)

事業の概要(業種、売上、人数、場所、法人or個人など)現況・課題・ご相談内容・依頼内容などを可能な限り詳しく教えていただけないでしょうか?必須

LINEでのお問い合わせについて

LINEからお問い合わせいただくことも可能です。(LINE上での税務相談にはご対応いたしかねます)。
[友だち追加]ボタンをタップ or QRコードからLINE登録できます。

友だち追加