税務顧問(継続的なサポート)の内容・料金

お客様の目標や悩みを顧問税理士として共有し、継続的にお客様の事業をサポートいたします。
ぜひ、目標や悩みをお聞かせください。

新設法人様はもちろん、決算直前の方、税理士変更をご検討の方もご対応可能です。
(角が立たないような税理士変更手続きのサポートも致します)

お問い合わせフォームはこのページの下部にありますが、一通りこのページをお読みになってからお問い合わせ頂けますと幸いです。

税理士としての強み・特徴・違い

私の特徴・他の税理士との違いをまとめてみました。
お仕事をご依頼される前に、ご一読頂けますと幸いです。

※タップorクリックで詳細が表示されます

担当が変わることはありません

税理士業界は基本的に離職率が高いため、担当がコロコロ変わりがちです。

ですが、私は人を雇わずにひとりで仕事をするスタイルです。
なので、担当税理士が変わることはありません。

独立している税理士としては再若手の部類

僕は、平成元年(1989年)生まれの税理士です。
27歳の時に税理士試験に合格し、28歳の時に税理士登録し、同年独立しました。

現在30歳の僕は、平均年齢60代以上の税理士業界では、最若手の部類になります。

それもあってか、若手起業家さまとは価値観の共有・仕事の進め方がスムーズですし、
独立・起業における若手特有の悩みについて、共に考えることができています。

話しやすい

手前味噌ですが、「めちゃくちゃ話しやすいですね」「何でも相談できるので助かる」とよく言われます。

同年代の方からはもちろん、50代の経営者の方からも言われます。
特に、複数の税理士とお会いした方からは、「今まで会った税理士の中で一番話しやすい」
と、かなりの確率で言って頂けています。

年齢や見た目的に話しやすい、ということもあるとは思いますが、
何でも話していただきやすい雰囲気作りや、信頼関係構築、トーク力などは、意識して磨いている部分です。

(ブログ記事を読んでいただくと僕の考え方が伝わるかな、と思っています)

税務署対応・銀行対応に定評アリ

これまた手前味噌ですが、クライアントから、
『銀行(あるいは税務署)から、「良い税理士さん見つけましたね!」と言われました』
というご報告をいただくことがよくあります。

高度なテクニックで特別なことをしている…というわけではなく、「とにかく丁寧にやる」ことを心がけています。
その結果として、クライアントが融資を受けやすくなったり、税務調査をダメージ無く終えられることが多いのかな、と思っています。

例えば、できる限り銀行からの評価が高まるような決算書にしたり。
融資がスムーズに受けられるような資料を作り、社長様にご説明したり。

税務調査で争点になりそうな部分は、細かくチェックをしたり。
証拠作りの労力を惜しまなかったり。

税理士として当たり前のことではあるのですが、
「当たり前のことを当たり前にする」ために、日々の勉強を欠かしていない、という自負もあります。

単発のご利用も可能・遠方の方でも対応可能

遠方の方や、実際にお会いするのが難しい方のご依頼にも対応しております。
打ち合わせは、Skype・Zoom等のビデオ通話で行います。

ただし、初回面談だけは実際にお会いできる方、かつ、売上が1億円までの方に限定させていただきます。

なお、「顧問は不要」「必要な時に必要なだけ相談したい」という方向けに、単発でのコンサルティングメニューもご用意しています。

仕事のスタンス

僕は2010年頃から税理士業界で働き始めました。
その頃はリーマンショックや震災の影響で、日本の経済はガタガタ。
金融機関の態度も厳しく、複数の担当先の倒産や最悪の最後を目の当たりにしてきました。

その時に「何もできなかった」という思いから、「クライアントを守れる税理士になりたい!」という考えを強くし、
中小企業の財務や経営分析を研究しています。

現在クライアントには、「手元にお金を残す」「銀行と付き合う」「売上より利益と回転」ということをしつこくアドバイスし、
不況に耐えられる会社作りのサポートをしています。

 

事業には、必ず浮き沈みがあります。
自社の努力によるもの以外にも、政策・経済・震災などの影響を、中小企業はモロに受けます。

ここ数年は安倍政権下における金融緩和の影響で、金融機関は「借りてくれ」という姿勢です。

しかし、現政権主導の政策というだけですから、今後も続くかはわかりません。
だからこそ、「業績の良い時に会社の財務状態を固めることが大切」というのが、僕の信念です。

厳しい時期にも耐え抜ける会社の体力作りに、ぜひお役立てくださいませ。

アドバイザリー業務に特化しています

そういったスタンスから、数字や経験を根拠としたアドバイザリー業務に特化させていただいています。
(税務相談や申告書の作成ももちろん行います)

 

例えば、融資。
「借りないほうが良いのでは?」「いくらまでなら借りても安全?」「ウチは借金体質なの?」
といった疑問に対し、数字的な根拠を持って回答しています。

例えば、資金繰り。
「節税」よりも大切なのは、「手元にお金を残す」ことです。
耳障りの良い「節税」という言葉は、僕は安易には使いません。結果的に会社の資金繰りを悪くするものばかりだからです。
心苦しいながらも「税金を払って手元にお金を残す」ことを伝えています。

例えば、経営分析。
「どこに手を付ければより儲かるか」「撤退or継続?」「~にかけられる予算はどれくらいか」「同業他社と比較してどうか」
といった疑問にお答えしています。

一言で言うと、「経営判断に必要な要素を、数字的根拠を挙げてわかりやすく説明」するのが得意です。

 

以下の記事は、僕の仕事のスタンスを注ぎ込んだ記事です。
一番上の記事だけでも構いませんので、ご一読いただけると幸いです。

参考記事:銀行がホイホイお金を貸してくれるのは今だけ。中小企業は今のうちに安定した財務基盤を築く必要がある

参考記事:税理士には、お客様の耳が痛くなるようなことを言わなければならない時もある

参考記事:独立・起業するなら創業融資を受けとけ、貯金は使うな、という話

参考記事:中小企業が総資本利益率(ROA)を高めるための3つの方法

参考記事:利益が出た!…からといって安易に役員報酬を上げてはいけない3つの理由

子連れ歓迎
当事務所に、お子様を連れてきていただいてもOKですし、
会社様のスペースやカフェ等で打ち合わせする際にも、お子様と一緒で大丈夫です。

僕自身3歳の娘を育てており、子供と接すると癒されるので。
(実際毎回お子様連れでいらっしゃるクライアントもいらっしゃいます)

特段キッズスペースやおもちゃを用意しているわけではないのですが、連れてきていただく分には大歓迎です。

電話・FAX使いません

「税理士さんとのやり取りが電話・FAX中心で…」という話をよく聞きますが、
僕はメール・チャット・クラウドストレージ等でやり取りをしているので、比較的スマートかと思います。
僕から電話をかけることも基本的にありません。

ただ、「電話は絶対NG」というわけではありません。
待ち合わせの時、緊急時、文章では伝えにくい場合などは、電話していただいて構いません。

僕自身の都合としては、ひとりで仕事をしているため電話を取ってくれるスタッフもおらず…
「出られない→折り返し」が多いとお互い手間が増えるだけですので、最初からメールのほうが良いかな、と思ってはいます。
その代わりというわけではありませんが、メールは当日~1営業日以内に返信しております。

ご理解いただけますと幸いです。

FAXは持っておりません。

「とにかく安くやってほしい」という方とは仕事できません

「とにかく安くやってくれ」というご依頼には、ご対応いたしかねます。

「時間をかけて丁寧に」「自分の持っている知識を余すことなく使い、全力で価値提供する」というのが私の基本スタンスですし、
質の高いサービスを提供している、という自負があるためです。

逆に言うと、今まで値段だけで税理士を選んで失敗した方に対しては、お役に立てる可能性が高いです。

サービスに見合った料金を支払う、という感覚の薄い方も苦手です。
プライドと自信を持って仕事をしているため、値下げ交渉も基本的にお断りしています。

苦手分野もある

法人に特化して仕事をしているため、個人(所得税・住民税)の細かい論点、難易度の高い論点は苦手です。
(フリーランス・個人事業主の税務は問題ありません)

例えば、不動産の売買を頻繁に行う方や、億単位の株・投信についてのご相談は、
個人の税務が得意な税理士に相談したほうがお互いのためかなと…。

英語もできませんし、外国関係の税務も苦手です。

サービス内容

顧問契約では、定期的に打ち合わせを行い、継続的に事業をサポートしていきます。
打ち合わせの頻度は、半年に1回~毎月まで、規模や形態によって異なります。

打ち合わせ時以外でも、メールでのお問い合わせはいつでも可能です。

税務サービスは…

  • 税務相談
  • 税務書類の作成・提出
  • 税務署対応
  • 調査に入られても問題ない態勢作り
  • 会社にとって有利な税務判断

定期的な打ち合わせでは…

  • 経営状態の分析
  • 図解・グラフ等でわかりやすい資料ご提供
  • 会社の課題・強みの共有
  • 融資アドバイス
  • 経理の効率化

料金プラン(税抜)

※新規設立法人応援割引→設立第1期・売上1,000万円以上~1億円未満・消費税免税事業者の全てにあてはまる法人様については、顧問開始から半年から半年間、月額顧問料を半額に割引します。

年間売上高月額顧問料決算料年額
~1,000万円20,000120,000360,000円
~5,000万円30,000180,000540,000円
~1億円40,000240,000720,000円
~3億円60,000300,0001,020,000円
~5億円75,000360,0001,260,000円
5億円~100,000600,0001,800,000円

※上記料金に、記帳代行(会計ソフトへの入力)は含まれておりません。
※給与計算は請けておりません(やり方をお伝えすることは可能です)。
※顧問高いんだけど…顧問いらないから単発で相談したいんだけど…→単発コンサルティングで対応可能です。
※決算は自社でやるから、顧問だけ依頼したい→可能です。
※顧問はいらないから、決算だけお願いしたい→単発決算サービスで対応可能です。

オプション料金

ご希望の場合は、下記のサービスも承ります。

  • 年末調整業務(源泉徴収票・給与支払報告書の作成及び提出)2名まで20,000円 3名~ 1名あたり+2,000円
  • 法定調書 20,000円
  • 記帳代行 20仕訳/2,000円
  • 税務調査立会料 50,000円/日

会社で記帳(会計ソフトへのデータ入力)を行わず、私に依頼される場合は、以下のことをお願いしております。

  • 銀行口座のネットバンキング化
  • レシートや書類の整理
  • Excelなどで現金出納帳の入力
  • 弥生会計かクラウド会計ソフトの導入
  • クレジットカードや電子マネーの活用

初期の導入設定、やり方などは無料でサポートしますので、ご安心ください。
効率化のため、ご協力をお願いいたします。

打ち合わせ場所・方法

入野拓実税理士事務所オフィス(柏駅徒歩5分・駐車場有)
詳しい場所はお問い合わせ後にご案内いたします。

遠方の方の場合は、SkypeやZoomのビデオ通話で行います。

※初回面談は無料
※顧問契約後の打ち合わせは、ご希望に応じて、貴社まで伺います。

お申し込み方法

  1. 下記問い合わせフォーム or LINEよりご連絡ください。
  2. 1営業日以内に、お問い合わせ内容や日程等について返信させていただきます。
  3. ご面談で双方が納得後、ご契約という流れになります。

面談のご希望日時については、こちらのカレンダーを参考にしてください。


左上ののボタンを押すと前後の月が見られます。
[予定あり](またはbusy)以外の日をご指定下さいませ。

※可能であれば10時半以後スタートでお願いいたします。
※平日夜や土日祝日でも対応可能な場合があります。
※電話でのお問い合わせ対応はしておりません。

※税理士紹介会社、業務提携、自費出版、営業、セールス、有料広告等は例外なく全てお断りしております。お互いに無駄な時間を過ごさないためにも、そういった内容の送信はご遠慮くださるようお願いします。
また、各種サービス内容と料金をご確認の上、お問い合わせをお願いいたします。

お名前 必須

メールアドレス 必須

メールアドレス(確認用。コピペはお控えください) 必須

ご希望の面談場所

対面(当事務所or柏駅周辺のコワーキングスペース)対面(お客様ご指定の場所)ビデオ通話(Zoom)ビデオ通話(Skype)

ご希望の日時(第1希望)

ご希望の日時(第2希望)

事業の概要(業種、売上、人数、場所、法人or個人など)現況・課題・ご相談内容・依頼内容などを可能な限り詳しく教えていただけないでしょうか?必須

LINEでのお問い合わせについて

LINEからお問い合わせいただくことも可能です。(LINE上での税務相談にはご対応いたしかねます)。
[友だち追加]ボタンをタップ or QRコードからLINE登録できます。

友だち追加