AppleMusicが便利すぎて音楽がつまらなくなりかけた話

applemusic




Apple music、めちゃくちゃ便利ですね。すっかりヘビーユーザーになってます。

けど、これを使い続けていいのかなって疑問が最近出てきました。

以下、思い出補正全開な昔話です。

昔の音楽体験はもっと深かった気がする

僕の地元の柏市のディスクユニオンでは、昔は中古を取り扱っていました。

中古だと過去の名盤がワンコイン以下だったので、中高生の身分でも毎週2,3枚はアルバムが買えたんです。

とはいってもお金はないから、必死で情報を漁ったり視聴したりして「これは間違いない」って思ったのを厳選して買ってました。

そして音楽好き仲間同士で僕の家に集まって聴いて、それぞれ戦利品を貸し借りしたりして。

喫茶店に行ってその感想を話し合って1日中時間を潰したりもしました。

そういう経緯があるからか、あの頃集めたアルバムには1枚1枚に思い入れがあります。

Apple musicでの音楽体験は、CDを買ったときのそれより浅くなりました(僕にとっては)。

音楽は「聴く」から「聴き流す」になった?

月額たったの1000円くらいであれだけの曲が聴き放題っていうのは確かに衝撃的です。

昔僕が中古CDを漁ってた時よりはるかに安い金額ですし、画面をタップするだけで探して聴けちゃうし、お金的にも時間的にもめちゃくちゃ良くなってます。

関連するミュージシャンなんかも出てくるし、同じ系統の曲を集めたプレイリストなんかもある。

確かに便利です。便利なんですけど、便利さと同時に大切なものを忘れていってる気がします。


-----スポンサードリンク-----
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

僕にとっては、Apple musicで流す音楽は「聴く」から「聴き流す」になってしまいます。


-----スポンサードリンク-----

いや、僕自身Apple musicを使っていて、「これは!」と思う音楽にいくつも出会いましたし、ライブラリに入れたものもたくさんあります。

でも人間不思議なもので、「いつでも聴ける」ってなると、意外とリピらなかったり。

1000円毎月自動落ちだと「そのアルバム1枚にお金を払ってる」という感覚がないからか、初めて聴くときのドキドキがなかったり。

必死で情報を集めて買った音楽を聴くときは、一音も聞き逃すまいとして、スピーカーの前で目を閉じて座り込んでいたんですが、そういうのもなくなりました。

関連ミュージシャンとか似た系統の音楽も、自分で情報を集めて探すものでした。そうしてお気に入りのミュージシャンを見つけた時の感動って凄く大きかったんですよね。

上手く付き合えたらいいよね

レコードからCDが主流に変わったときも、MDに落とせるようになったときも、レンタルショップが出てきたときも、データで音楽が買えるようになった時も同じような批判があったでしょう。

音楽に限らず、時代の変わり目では色んな方向からの批判があって、そうやって進化してきたんだと思います。

CD買ったり、クラブやライヴなどの現場に行ったりすると、また違った楽しみ方があるのも事実。

古くても良い面は残り続けて欲しいですよね。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。