逆転裁判を1ミリも知らない俺が「逆転裁判123成歩堂セレクション」Switch版をレビュー




2/21に発売された、[逆転裁判123 成歩堂セレクション]のSwitch版を購入したのでレビューしてみます。

シリーズ3作品が低価格でプレイできるぞ!

逆転裁判シリーズの初代~3代目までがプレイできる[成歩堂セレクション]。

DL版だと2,910円。3作品遊べてこの値段はお得感があります。

昔からタイトルだけは知っていて気になっていたシリーズだったので、良い機会だと思い購入してみました。

ゲームの概要

プレイヤーは、主人公の成歩堂龍一(弁護士)となって、依頼人の無実を証明します。

依頼人(被告)は冤罪で、真犯人は他にいるわけです。

ゲームは、事件が起きてシナリオが進む[探偵パート]と、実際に依頼人の無実を証明する[裁判パート]にわかれています。

探偵パート

探偵パートでは、裁判を有利に進めるための手掛かりや証拠を集めていきます。

事件現場を捜査したり、聞き込みを行ったりしていきます。

法廷パート

裁判では、探偵パートで得た手掛かりや証拠を使って、依頼人の無実を証明していきます。

証人は基本的に、依頼人にとって不利な証言をしていきます。早い話が、ウソです。そして検事もそれに乗っかる形。

 

ウソの証言ですから、必ずどこかに腑に落ちない点や矛盾点があります。

腑に落ちない点があれば、「待った!」をかけてもう少し深く聞いてみたり、自分が持っている証拠品と明らかに矛盾する点があれば「異議あり!」とその証拠品を突き付け、証人のウソを暴いていくわけです。

楽しめる遊び方

据え置きモードか携帯モードか

もともとがGBAやDSなど、携帯型ハードのソフトなので、Switchでも携帯モードのほうがプレイしやすい印象です。


-----スポンサードリンク-----
[探偵パート]で色んな場所を探すときには、スティックより画面をタッチして捜査したほうがラクですし。


-----スポンサードリンク-----

がっつり推理したほうが楽しい

[裁判パート]は、的外れな指摘を何度もしてしまうとゲームオーバーになります。

最初の1~2話くらいはヌルいんですけど、3話あたりから一気に難易度が上がり…。

こまめにセーブしつつ、なんとなくそれっぽい選択肢を選んでいって、トライ&エラーでもクリアはできますが、

Excelなりメモなりで情報をまとめつつ「推理」し、ノーミスでクリアするくらいの気持ちで慎重に進めたほうが楽しめる気がします。

1周するまでは攻略サイトとかも見ないほうが良いでしょうね。

クリアまでのプレイ時間

発売日の2/21に購入してまだ初代(1)しかクリアしていませんが、15時間くらいです。


[編集後記]

昨日は、午後からオフ。勉強や健康診断など。

花粉症の症状が出始めました。ステロイドで乗り切ります…。

サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】
この記事を書いた人 入野 拓実
独立4年目の31歳。自称「とっつきやすい系税理士」
中小企業やフリーランスの税務顧問、相続税申告のほかに、
自力申告・独立支援・法人化などのコンサルティング業務を行っています。
各種セミナー、執筆実績多数。
1989.3.6生まれ。妻・娘と3人暮らし。
スーツよりセットアップ派。
twitter instagram

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。



記事をシェアしてください!