経理を経営に役立てる。月次決算を行い毎月試算表を作成することの目的と効果。




御社では、毎月月次決算を行っていますか?試算表や経理のデータを経営に役立てていますか?

今回は、試算表を作成する目的や、経理の役割・効果について記事にしてみます。

 

月次決算を行い、試算表を作成する目的

そもそも、試算表を作成する目的はいったいなんでしょうか?

  • 利益を確認するため?
  • 銀行に提出するため?

これらも確かに重要な目的の1つではありますが、それだけでは不十分です。

月次決算で試算表を作成する一番の目的は、会社の状況を把握することです。

そうすることで、その現状を分析し、未来を予測し、過去を反省し、目標を立て、改善する。

これらの手を打つための材料を得るために月次決算は行います。

数字を、経営のための判断材料とするわけです。

  • 月次決算なんて会計事務所に任せっきり。試算表が送られてくるけど、あまり活用していない
  • そもそも試算表なんて作っていない

という場合は、今からでも数字に対する意識を変えていきましょう。

 

試算表を毎月作成する効果

月次決算は「月次」というくらいですから、毎月行うべきです。

毎月行うべき理由を一言でいうと、リアルタイムの数字を把握するためです。

毎月、リアルタイムの数字を確認することで、

  • 変化に気づきやすい
  • 変化に対して対策を早期に打ちやすい
  • 予算の進捗率を把握しやすい
  • 決算予測が立てやすい
  • 前月との比較、前年同月との比較がしやすい
  • 未来の予測が立てやすい

などの効果があります。

事業に変化やリスクが生じれば、それは試算表に数字として表れます。

その変化に気づく→それに対する対応というのは、早ければ早いほど良いものです。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】



だからこそ、月次決算は毎月行うべきですし、リアルタイムに近ければ近いほど価値がありますから、スピードこそが正義です。

 

また、毎月行っていくことで、作業への慣れ・精度の向上などが望めますから、どんどん効率化されていきます。

売上高が1億円を超えるくらいになった時点で、必ず毎月行うべきでしょう。

小規模な会社の場合でも、最低でも四半期ごと(3か月ごと)のスパンで行うべきです。

数字は嘘を付きません。

小さな変化を見逃して手遅れにならないうちに、毎月試算表を作成する習慣をつけておきましょう。

 

脱税金計算目的、脱借入目的の経理

月次決算は、経営判断の材料にするための手段ですから、試算表を作成しただけで満足しないようにしましょう。

また、

  • 経理は税金を計算するためのもの。税理士(経理部)に丸投げするだけでいい
  • 借入するために試算表を出してほしいだけ

という会社は、大きな損をしています。

確かに、納める税金は決算を行った上で確定するものですし、借入も事業を行う上で重要です。

ですが、試算表を作成する本当の目的は、会社の状況を確認し、経営に役立てることです(何度も書きますが)。

数字をベースに、

  • 経営計画
  • 予算実績管理
  • 部門別管理
  • 利益の確認
  • 決算予測
  • 節税対策
  • 自社の過去との対比・現況分析・未来予測
  • 同業他社との比較
  • 設備・事業の投資判断
  • 資金繰り

などを行うことで、、経営のための舵取りをするのが、本来の経理=経営管理の役割です。

試算表(決算書)には、会社の経営状態の全てが載っています。

これを経営に利用しない手はありません。

「経理なんて面倒だし」「数字はよくわからない」と言わず、積極的に経理担当者・顧問税理士とコミュニケーションを取ってみてください。

 

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。