デカいリュック CABIN ZERO(キャビンゼロ)44lレビュー|子持ち・ジム通い・フリーランスにおすすめ




仕事でもプライベートでも、鞄は「CABIN ZERO44L」というリュックを使っています。

とにかくデカいリュック CABINZERO44L

ここ最近、鞄は「CABIN ZERO44L」一本です。

安くて軽くてデカいところが気に入っています。
(既に数ヵ月使っているので、多少汚れとヨレがあります…)

created by Rinker
CabinZero(キャビンゼロ)
¥6,980 (2019/09/20 10:29:52時点 Amazon調べ-詳細)

個人的にカバンなどの小物にはファッション性は求めていませんし、複数を使い分けるのは面倒くさいタイプです。

なので、機能的で・シンプルな見た目のものを、プライベートでも仕事でも使いまわしています。

スペック

作りはシンプルで、外側に大きいポケットが一つ、

中にはPC収納スペースと、メッシュのポケットがひとつずつです。

単に「デカい」というだけでなく、横・縦・高さがまんべんなく大きいところが使いやすいです。

PCとジムグッズを入れても、まだ半分以上スペースに余裕があります。

そもそも僕がデカいリュックを好む理由として、


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

  • 仕事グッズ(PC・本・たまに紙の資料)
  • ジムグッズ(着替え・シャンプー類・バスタオル)
  • 娘グッズ(着替え・おむつ・タンブラーなど。最近は不要になりましたが)

を同時に持ち運びたいからです。
(これだけ持ち運んでもまだかなり余裕があります)

いちいち中身を入れ替えたり、リュックを使い分けたりするのが面倒で…(単に僕がズボラなだけですが)。

そもそも平日・休日や、仕事・プライベートの区分が曖昧な生活をしているので、リュックもひとつにまとめたほうがラクなのです。

 

かつ、手がふさがるのが嫌いなので、出先で買ったものやお預かりしたもの、頂いたものもリュックにまとめたい、という理由もあります。



北海道旅行に行ったときは、このリュックもさすがにパンパンになりましたが。

機内持ち込みギリギリOKのサイズなので、預ける必要がないのも嬉しいポイントです。

 

デメリットとしては、飲食店や電車では少し邪魔になること。

足元に置くとちょっと窮屈です。

まとめ

子持ち・ジム通い・フリーランスは、大容量リュックがおすすめです。

「リュック、めちゃくちゃデカくないっすか?」と突っ込まれることも多く、雑談のネタにもなります。

created by Rinker
CabinZero(キャビンゼロ)
¥6,980 (2019/09/20 10:29:52時点 Amazon調べ-詳細)

(鞄を雑に扱ってしまうタイプなので、値段が安いのも個人的なポイントです)


[編集後記]

昨日は、ブログ執筆を中心にゆるめに。
映画を観る予定だったのですが、台風の影響が残っていることもあり、延期しました。

自分で全身を洗えるようになった娘。
手伝おうとすると、怒られます。笑

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。