Garage fantoni(ファントーニ)GTとGXの比較レビュー。違い・組み立てサービス・揺れ・色(白木・濃木目)・高さ調整。




PCデスクはfantoniGTを仕事場で使っていたのですが、先日自室用にGXも購入しました。

比較レビューしてみます。

仕事部屋用GT、自室用GX

仕事部屋のGTがこちらで、

自室のGXがこちらです。

fantoni GXデスク GX-168HJ 幅160×奥行80×高さ62-85cm 高さ調節脚タイプ【お客様組立】【送料無料】

色は、GTがオーク、GXが濃木目。

幅はどちらも160㎝。奥行きは、GTが71㎝、GXが80㎝です。PC作業+書き物ができるくらいの大きさです。

 

GTも濃木目にすればよかったかな…自室用は180㎝にすればよかったかな…と後悔しています。

色、大きさの種類が幅広いだけに、このあたりは慎重に決めたほうが良いかと。

 

どちらも組み立てサービスをお願いしました。

手数料はかかるし少し納期も遅れますが、5分くらいでちゃちゃっと組み立ててくれるので、ラクです。

GTとGXの違い、使用感

両者の違いは、次のようなものです。

最大の違いは、やはり脚。

GXは、四角いフレームの脚。

GTは、シルバーのT字型の脚です。

配線受けも3本分、両脚についています。


-----スポンサードリンク-----

GXだと別売りのコードダクトが必要です。

ただ、見た目が…。せっかくのかっこいい脚なので、僕はつけていません。

 

見た目だけならGXのほうがスタイリッシュな感じがしますが、デスクの奥行と同じだけ脚にスペースを取られるため、人によっては邪魔に感じるかもしれません。

僕は、GXの脚を目いっぱい内側に付けてみました。


-----スポンサードリンク-----
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

組み立てるときに、ボルトを占める位置を変えることで、脚を内側にするか・天板ギリギリまで外側にするかを調整できます。

GXの脚には、620-850mmの範囲で高さ調整できるタイプと、72㎝で固定のタイプがあります。

fantoni GXデスク GX-168HJ 幅160×奥行80×高さ62-85cm 高さ調節脚タイプ【お客様組立】【送料無料】

ただまぁ、高さは椅子側でどうにでもなるので、必須ではないかなぁと。

配線受け(コートダクト)

GTの場合、天板にコードダクトがついています。

これ、GXにはありません。

僕のように机の後ろからコードを垂れ流しにして、あとから配線収納ボックスでまとめるか、オプションのコードダクトを購入するしかありません。

耐荷重

最大耐荷重は、GTの80㎏に対し、GXは60㎏です(公式サイト参照)。

確かに、GXのほうが天板が少し薄くなっています。

普通に使う分には60㎏で問題ありませんでした。重い機材を使う方はGTを選ぶのが無難かもしれません。

揺れ・ぐらつき

GT・GX共に、揺れやぐらつきを感じたことはありません。

使用感

今のところ、使用感の差は特に感じていません。

まとめ

以上、fantoniGTとGXの違いでした。

どちらも大きくて頑丈、安心して使えるPCデスクです。

コードダクトや耐荷重にこだわりのない方は、見た目の好みで選んじゃえばいいんじゃないでしょうか。

fantoni GXデスク GX-168HJ 幅160×奥行80×高さ62-85cm 高さ調節脚タイプ【お客様組立】【送料無料】

[編集後記]

先週金曜日は、確定申告作業を中心に。
土曜日はSkypeビデオ通話で単発コンサルティング。

土日は娘と2人で出かけましたが、眠くなったのかめちゃくちゃ機嫌が悪くなり、手が付けられなくなってしまい…。
お昼またぎで出かけるのはしばらく控えようかと。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。