毎日使うものにちょっとだけお金をかける=必要のないものには一切お金をかけない




お金の使い方には、メリハリが大切だと思っています。

PCの買い替えでスペックに悩む

先日、ノートPCを買い換えました。

Microsoftが出している「SurfacePro7」というモデルで、ずっと気になっていたものです。

悩んだのがスペック。

CPUがCore i5、メモリが8GBのモデルなら15万円強なのですが、Core i7、16GBにすると20万円を超えます。
(11万円のモデルもありますが、さすがに仕事では厳しそう)

タイプカバー、Surfaceペンといった周辺機器で、さらに数万円飛びますし。

 

今まで使っていたPCもCore i5、8GBのモデルで、やはり15万円ちょっとでした。

「じゅうぶんすぎるでしょ」という声も聞こえてきそうですが、多くのソフトウェアを同時に使っていると少しもっさりすることがあったので、悩みどころでした。
(CPUはともかく、メモリが)

 

悩んだ末、Core i7、16GBの高い方を選びました。

毎日使うものにお金をかける

「オーバースペックかなー」とは今でも思っていますし、事実そうでしょう。

ですが、動作が少しでももっさりするとイライラしますし、何よりも効率や生産性が落ちますので、「ケチるところではない」という判断でした。

もちろん5万円の差額は痛いのですが、毎日使うもので、効率に直結するものへの投資ですから、納得はしています。

 

他に「毎日使う」「効率に直結する」ものにお金をかけた例としては、椅子があります。


-----スポンサードリンク-----

※1年半ほど前の写真

「エルゴヒューマン」というメーカーの椅子で、8万円くらいしました。


-----スポンサードリンク-----

独立当初の僕にとって「8万円の椅子」というのはとても大勝負だったのですが、座り心地、疲れにくさ、姿勢のラクさ、作業のしやすさなどが素晴らしく、とても満足しています。

エルゴヒューマンベーシック徹底レビュー。1年間座り続けた感想、座り心地、腰痛・肩凝りへの影響など

 

iPhoneもそうかもしれません。

分割払いで感覚がマヒしてしまいますが、10万円以上するiPhoneはどう考えても高額です。

ですが、仕事でもプライベートでも毎日使うものであり、効率や生産性に直結しますから、納得しています。

必要のないものにお金を使わない

逆に、「必要のないもの」や「見栄」にお金を使わないという意識も欠かせません。

 

例えば、僕の場合は車。

娘が生まれたころ、「子供がいるなら車は必須」といろんな方に言われたのですが、結局買わずに問題なく暮らせています。

病気ならタクシー、買い物ならカーシェア、旅行ならレンタカーでじゅうぶんです。

「あまり乗らないから安い車でいい」ではなく、「あまり乗らないから買わない」です。

 

仕事も、電車、バス、自転車で問題なくこなせています。
(お客様に乗せていただくこともありますが)

 

仮に今後車を買うことがあったとしても、国産の中古車でしょうね。安全性は重視したいところですが、その他のスペックや見た目にはこだわりません。

毎日使うものではないですし、効率や生産性が変わるとも思えませんし、何より興味がないので。

 

もちろん車が好きな方、毎日乗る方はこだわる必要があるはずです。

そのお金の使い方に、自分自身が納得しているかどうか、メリハリがあるかどうか、が大切だと思っています。


[編集後記]

先週金曜日は、クライアントと月次打ち合わせ。
土曜は別のクライアントと。

日曜日は完全オフ。ジムもいかず、ひきこもってぐでーっとしてました。

サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】
この記事を書いた人 入野 拓実
独立4年目の31歳。自称「とっつきやすい系税理士」
中小企業やフリーランスの税務顧問、相続税申告のほかに、
自力申告・独立支援・法人化などのコンサルティング業務を行っています。
各種セミナー、執筆実績多数。
1989.3.6生まれ。妻・娘と3人暮らし。
スーツよりセットアップ派。
twitter instagram

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。



記事をシェアしてください!