エルゴヒューマンベーシック徹底レビュー。1年間座り続けた感想、座り心地、腰痛・肩凝りへの影響など




仕事用にエルゴヒューマン(Ergohuman)ベーシックを購入して、1年が経ちました。

今更ながら、レビューしてみます。

エルゴヒューマンを購入した理由

独立する直前、フリーランスの友人と話していて、「腰痛いケツ痛い肩凝る無理しんどい」となんとなーく愚痴った時のこと。
「イスが悪いんちゃう?良い椅子って長時間座っててもラクだよ」と言われたのが、イスについて考えるようになったキッカケです。

理由①:アーロンチェアは高すぎ

その友人が「俺が使ってるのコレだよ、ほい」とスマホで見せてくれた画面がこちら↓

「イスに14万!?なんなの?バカなの?セレブなの?」と思いました(言いました)。

このアーロンチェア、家に帰ってから色々調べて、いわゆる「高級オフィスチェア」の定番だと知ったのですが。。
それでも14万は無理。ノータイムでNG。楽器買えるじゃん。

理由②:比較的お手頃価格&ヘッドレストがある

その友人に「高すぎ。もーちょい安いのないの?」と伝えると、いくつか候補を挙げてくれました。

その中の1つが、エルゴヒューマンベーシックでした。8万円って椅子にしてはどう考えても高いんですけど、14万円と比較すると安く見えるから不思議。

あと、ヘッドレスト(頭支えるやつ)があったのも自分の中ではポイントでした。アーロンチェアにはなかったし。

理由③:深刻な腰痛、ケツ痛、肩凝り

僕は腰痛持ちです。中2の頃に部活で痛めてからで、特に冬が辛いです。
あと、家でも職場でも安くて硬いイスに座ってるからか、ケツも痛いし肩もやたら凝る。

「腰痛、尻の痛さ、肩凝りから解放されるなら、良い椅子を買うのもアリかな~」と考え始めました。

姿勢が悪い(超絶猫背)とか、筋力不足とか、そういう理由もあるのですが。。

理由④:純粋な興味

友人の薦めを受けた商品について、ネットでレビューを読んだり、良い椅子について調べたりしていると、

  • 疲れない!
  • 腰痛改善!
  • まるで浮いている!
  • 人間工学に基づいた設計!
  • 10年以上使えるからコスパ的にも良い!

みたいなことがズラーっと書いてあるわけですよ。
「良い椅子ってどんな感じなんだろう」と、純粋に興味が湧いてしまいました。。まんまと。

理由⑤:独立直後特有のハイテンション

これが一番の理由です。



独立直後って、何故かハイテンションになります。あと融資も通って少し気が大きくなっていたかもしれません。
「80,000円」ってどう考えても大金ですけど、当時は「はちまんえん」くらいな感じでした。

事業開始直後のお客様に「最初は張り切りすぎて初期投資が無駄に増える方が多いんで、気を付けてくださいね」とか言ってたことが完全にブーメラン。

買ってよかったか・コスパはどうか

良かった!!高いだけの価値はある!!

今まで家でも職場でも、数千円(たぶん)の椅子に座り続けてきたので、違いは明らかにわかりました。
初めて座った時にはちょっとした感動すら覚えました(妻も言ってた)し、この1年で不具合やヘタりを感じたこともありません。

コスパについてですが、座り仕事の方ならじゅうぶん元が取れるかと思います。
特に、体の不調に悩まされている人にとっては。

(余談ですが、10万円未満なので、買った年度で全額経費にすることができます)

腰痛、ケツ痛、肩凝りは改善された?

腰痛

少しラクになりました。血行が悪くなる冬でも痛むことが減りました。
ストレッチもずっと続けてたので、イスだけのおかげかは微妙ですが。。

でも、ラクになったのは確かです。

ケツ痛

お尻の痛さからは完全に開放されました。

硬くなく、かといって柔らかすぎず、ほどよく反発してくれ、負担を分散してくれる感じ。
この感覚はスポンジの椅子にはありません。メッシュチェアってすごいんですね。

肩凝り

妻にマッサージを頼む頻度が少し減ったので、多少マシになっていると思います。
これはおそらくヘッドレストのおかげ。

良かった点をレビュー

エルゴヒューマンベーシックの見た目はこんな感じです。(色は赤を選びました。実際の色合いはワインレッドと言ったほうが正確な気がします)

普通の椅子に比べると、存在感があります。というか普通に大きいです。

とにかく座り心地が良い・長時間座っていても疲れない

一番の推しポイントは、座り心地の良さに尽きます。
座面はほどよい硬さと反発感があり、1日中座っていてもお尻が痛くなりません。

腰の部分のクッション(ランバーサポートっていうらしいです)が、常に腰にフィットして、サポートされてる感があります。

深めに腰掛けて背中に体重を預ければ、自然と正しい姿勢になるような感覚です。
体重を預けてラクな姿勢をキープしたまま、ラクにPC作業ができます(書き物をする場合は多少前傾姿勢になるのでアレですが)。
その時に、ヘッドレストが首~後頭部に自然に触れるので、首や肩の負担が軽減されている感じもあります。

僕は今まで、事務用イスの上で胡坐かいたり、めっちゃ浅く腰掛けたりすることも多かったのですが、エルゴヒューマンを使い始めてからはなくなりました。

体勢を変えてもイスが動きについてきてくれて、フィットします。態勢を変えたらきしむ音がするようなイスにしか座ったことがなかったので、衝撃でした。。

あと、メッシュなので蒸れません。

腰が痛かったりする場合は軽減される(予防できる)のはもちろん、イスに座ることによる無自覚なストレスがなくなった感があります。むしろずっと座ってたいみたいな。

このあたりの使用感に関しては、他のレビューでも皆さん同じようなことを書かれてます。なので座り心地については万人向けなのかな、と。

合う体系とか、身長体重とか、細かい機能とか

164㎝、54㎏と小さめ・細めの僕の基準ですが、


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

  • 座面を一番高くすると → つま先だけが床に少し触れる
  • 座面を一番低くすると → 膝が窮屈な角度に折れ曲がる

ような感じです。ちょうど中間くらいに高さを設定しています。

150前半の方や、170㎝後半の方のレビューを読んでもサイズの問題はなかったそうなので、標準的な体系の方であればだいたい合うのかな、と。

腰のクッション(ランバーサポート)や背もたれにしても、

椅子の背面に高さを調整する箇所があります。

一番低くした場合はこんな感じで、

高くするとこうなります。

これだけでもかなり座った時の感覚が変わります。

ひじ掛けの高さや角度、座面の前後スライド、リクライニング、ヘッドレストの高さ&角度など、細かく調整できるので、自分の体に一番しっくりくる設定を探していくことができます。

ひじ掛けの部分が動いて気になる、って書いてる方もいらっしゃいましたが、僕はあまり気になりません。

色が豊富

アーロンチェアと違って、カラーバリエーションが豊富なのも嬉しかったです。
僕は赤を選びました。

悪い点?をレビュー

リクライニングの角度が思ってたんと違う

もう普通に寝られるくらい倒れるのかと勝手に思い込んでたんですが、実際はこんなもんです↓

引用元:エルゴヒューマン公式

休憩時間にスマホいじったりPCで動画見たりする時には快適ですが、仮眠は無理です。少なくとも僕には。

掃除しにくい

ちょっと面倒くさい場所にホコリが溜まります。。

構造的に仕方ないですし、届かないわけではなくちゃんとキレイにできるので良いのですが。

エンジョイ、プロとの違い

エルゴヒューマンには、僕が購入したベーシックの他に、下位モデルの「エンジョイ」、上位モデルの「プロ」があります。

違いを表にすると、こんな感じです。

モデル価格ランバーサポートチルト機能
エンジョイ¥ 63,760××
ベーシック¥ 79,693×
プロ¥ 88,837

価格差は大体1万円ずつ。

下位モデルの「エンジョイ」には、上述した腰のクッション(ランバーサポート)がありません。
上位モデルの「プロ」には、チルト機能というのがついています。

チルト機能って何だろうって思ったので調べてみました↓

前傾姿勢に対応した前傾チルト機能。

ノートパソコンを使う作業や筆記作業では、自然に身体が前かがみになり、その為に下腹部と太腿の裏が圧迫され、体内循環の妨げになる恐れがあります。エルゴヒューマン プロは、背もたれ側の座面下にあるダイヤルを回すことにより、座面後方の高さを最大20mm高くすることが可能です。それによって座面前方が下がることで、大腿部や下腹部への圧迫を軽減できます。

引用元:エルゴヒューマン公式

ちなみに、ベーシックでも、ロータイプ(ヘッドレストがないモデル)の黒なら、Amazonで5万円弱で購入できます。今だけかもしれませんが…。

まとめ:エルゴヒューマンはこんな人に向いている

  • 1日中座り仕事することが多い
  • 今まで安い事務用イスを使っていて、腰痛やお尻の痛みや肩凝りなどで悩んでいる
  • イスに10万円(アーロンとか)は出せないけど、高機能チェアが欲しい
  • 高機能チェア入門として、手ごろな価格のものが欲しい(エンジョイorベーシック)
  • 好きな色を選びたい

[編集後記]

昨日は、法人成り予定の方との初回面談。
今日も、午後から池袋に行きます。

今日、8/31は結婚記念日(4周年)なのですが、明日が土曜日なのでお出かけは明日にしました。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。