フリーランス3年生の僕が考える、仕事を受ける・受けないを決める条件・基準5つ




フリーランスになって、もうすぐ3年目。仕事を受ける・受けないの基準も固まってきました。

「全て受けられるわけではない」という割り切り

ここ最近、ありがたいことに、(それなりに)忙しくさせて頂いています。

ご依頼を頂いても、時間などの都合でお断りをしなければならなかったり、ということが増えてきました。

(忙しいって言っちゃいけないのはわかってるんですが、最近ちょっとキツいっす、正直。自分のキャパが狭く、要領が悪いせいなのですが…)

 

「せっかく声をかけて頂いたのに…」と、そのたびに申し訳ない気持ちになるのですが、フリーランスとしてひとりで仕事をしている以上、抱えられる案件には限界があります。
ここは、ある程度の割り切りが必要だな、と最近思うようになりました。

「仕事を選ぶなんて」と思われるかもしれませんが、「僕じゃなきゃいけない仕事」って、それほど無いと思っています。良くも悪くも。

仕事を受ける・受けないを判断する、5つの基準

仕事を受けるかどうかは、次の5つの基準から考えています。

  • 報酬
  • 人柄
  • スキルアップに繋がるか
  • 実績になるか
  • 面白い仕事か

報酬

最低限のラインは常に考えています。

人柄

人柄がいいか、相性がいいか、というのも大切にしています。

脱税や粉飾を少しでも臭わせてきたらその時点でNGですし(幸いそういった方はこれまでいませんでしたが)、
身だしなみに気を遣わない、最低限のモラルがない、威圧的、距離感が無さすぎる、といった方とは仕事をしたくありません。

 

逆に、継続的にお付き合いさせていただいているお客様は、気持ちのいい方ばかりです。

昨日も、明日も打ち合わせですが、お会いするのが楽しみなくらいです。
そういう方に対しては、純粋に「この方に貢献したい」「切られないように頑張ろう」という気持ちになります。

 

嫌な気持ちになる方と無理して付き合うより、お互い気持ちよく仕事ができる方と付き合ったほうが良い、という考えです。

だからこそ、ブログやプロフィール、メニューで自分の人間性を表現しています。
ブログをしっかり読んで下さった方からのご依頼は、今のところハズレ無しです。

スキルアップに繋がるか

その仕事をして、スキルアップできるかどうかも考えます。
自分にとって未体験な要素があったり、経験を積みたい分野だったり、といったことです。



先日、クライアントから銀行回りへの同席を頼まれ、即答でOKしました。
僕は自分でお金を借りたのは、公庫で創業融資を1回だけですから、金融機関対応に関しては知識だけで、体験があまり伴っていません。

だからこそ、スキルアップのチャンスと捉え、喜んでOKしました。
(昨日行ってきました)

そう考えてみると、ブログはスキルアップに繋がる仕事だと思います。
書くスキル、営業のスキルはもちろん、ブログのせい(おかげ)で勉強や調べることが習慣になっているからです。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

実績になるか

実績とか、ネタになる仕事は2度美味しいです。
実績は次に繋がりますし、ネタはブログに書いたり人に話したりもできますし。

税理士業なら相続、それ以外なら書く仕事や話す仕事を増やしたいな、と考えています。

そういえば最近、「つまらない仕事でも、逆説的にネタにする」ということを教えて頂きました。
昨日の記事も、昔やったつまらない仕事のことを思い出しつつ、捻りだしたネタです。

自営は何でも経費にできる?フリーランス(個人事業主)が生活費を経費にし、税務署にバレるとどうなるか

面白い仕事か

シンプルに、面白いかつまらないか、というのも大切だと考えています。
どうせ働くなら、面白い仕事のほうが良いに決まっています。

例えば僕は、税務顧問の仕事だと、会社の中に入っていけるほど楽しい、と感じます。
会社についての理解が深まれば深まるほど、様々な課題を共有し、良いアドバイスができるからです。

貢献感が得られますし、感謝もしていただけます。
実際にお役に立てるかは別として、「何か役に立てないかな」と考えている時間も、好きです。

良い仕事が来るようにする工夫をし続けたい

上記5点、すべて満たしている仕事が理想ですが、
報酬が多少安くても、相性がいい方で、スキルアップになり、実績になり、面白い仕事だったら受けます。

めちゃくちゃ嫌な人で、スキルアップもできず、つまらない仕事だったら、いくら報酬が良くても受けません。

トータルで考えて良い仕事かどうか、ってことを意識しています。
(その時の財政状態、時間の余裕などにも左右されるとは思います)

 

何より、より良いご依頼を頂くためには、スキルを磨き続け、それをアウトプットし続けることが大切ではないでしょうか。

せっかく成長したとしても、それを知ってもらわなければ、その成長と依頼の質はリンクしないはずです。

「今の自分」をWeb上にアップデートし続けている方ってかなり少ないので、それだけでも一歩リードできる、とも考えています。


[編集後記]

昨日は、法人クライアントと銀行回り。その後、カフェで軽めの打ち合わせ。

幼稚園が全日になりました。9時~15時半までです。
娘は楽しそうですし、妻の負担は減りましたし、良かったです。
2人とも、3年間お疲れさまでした。僕も夏までに仕事を整理して、必ず家族との時間をもっと増やします。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。