僕が「他の税理士との比較検討」を自分から必ずお願いする理由




顧問のご依頼を頂いた場合には、「他の税理士と比較検討した上でご連絡ください~」と、必ず伝えるようにしています。

他の税理士との比較検討をお願いする

仕事の依頼や問い合わせを頂けるのは、ありがたいものです。

単発のご相談の依頼も、顧問の依頼も、それなりに頂けるようになりました。

今月も、年明けすぐにお問い合わせを頂いた会社さまとの顧問契約が決まりました。

 

問い合わせ年明け~契約今月とタイムラグがあったのには理由があって、

僕は顧問の依頼を頂いたときの初回打ち合わせの際、自分のサービス内容や料金について一通り説明した後に、必ず

「もう他の税理士ともお話されましたか?」と聞いて、僕が一人目だった場合は、

「一度持ち帰っていただいて、他の税理士とも話をしてみてください。その上で私を選んでいただける場合はご連絡ください」

と伝えることにしているからです。

 

ぶっちゃけ心の中では「頼む俺と契約してくれえええ!!!」って思っていたわけですが。良いお客様、良い仕事は喉から手が出るほど欲しいので。

そこをグッと我慢して、一度持ち帰っていただいています。

 

もしかしたら、「せっかく依頼しているのに」「あまりやる気がないんじゃないか」と思われているかもしれません。

でも、これには僕なりの理由があります。

自分から同業他社との比較検討をお願いする理由

以下、一度持ち帰っていただく理由です。

押し売りはウザい

僕は、押しの強い営業マンに良いイメージがありません。


-----スポンサードリンク-----

「アポを取ったからにはタダでは帰らない!」「ウチの商品はこんなにいいぞ!」「今日契約して!」みたいな。証券会社の営業マンとか、昔の勤め先のHP制作会社の営業マンとか。

最近だと某会計ソフト会社や、よーわからん助成金申請会社がそうでした(顧問先紹介してください的な…)。

(営業は本来そうあるべきなのかもしれませんし、営業専門スタッフがいる税理士事務所も多いですが)

 

業種によっては契約がゴールかもしれませんが、税理士にとっては契約は単なるスタートライン。

「釣った魚に餌はやらない」「契約さえ取れれば印象なんてどうでもいい」というスタンスでは仕事になりません。

 

自分がされてイヤだったことはやらない、というシンプルな話でもありますが。

お客様のため

顧問契約をすると、お客様と税理士は長いお付き合いになることが多いものです。

お客様が望んだ上で長くお付き合いをしているならいいのですが、「なんとなく近いから頼んでそのまま」「変わり探すのが面倒だし」といったケースも多い気がしています。

(税理士変更って、お客様側からすると結構面倒臭いみたいなんですよね)

 

だからこそ、最初に相性がいい相手をじっくり探すほうがお客様のためになるんじゃないかな、と思っています。


-----スポンサードリンク-----

ちょっとの手間で、なぁなぁなお付き合いがズルズル続くのを回避できるならOKかな、と。

 

「なんとなく」で依頼されないために、こうやって毎日ブログ書いたり、めちゃくちゃ長いプロフィールにしたり、自分を出しているわけですが。。

お問い合わせをしていただいたすべての方が読んでくれているわけではないので、やはり伝えるべきだろうな、と。

自分自身のため

本音を言うと、自分自身のためでもあります。

一度持ち帰っていただいている間に、そのお客様と契約して大丈夫かどうか、

  • 変な人じゃないか
  • 相性は良さそうか
  • 面白い仕事かどうか
  • 脱税志向、粉飾志向じゃないか
  • 自分でお役に立てそうか
  • 値下げ要求はなかったか

などなど、まぁ一言で言うと「良い仕事ができそうか?」って観点でめちゃくちゃ色々なことを考えています。

その結果、お断りさせていただいたことも何度か。。(身だしなみがヤバすぎ、あからさまな値下げ要求、とかなので当然ですが)

 

「お客様を選ぶなんて」と思われそうですが、どこか腑に落ちないままなんとなく仕事をしていても、いい仕事はできないと考えています。

それよりも僕は、「この人のためなら!!」と思える人に対して、全力で価値提供、貢献をしていきたい。

その方がいい仕事ができるし、何よりも楽しいからです。

 

「ガツガツせずにスマートな俺超イケてる」ともちょっと思ってますが。

独立当初の失敗「誰でもウェルカム」

実は、独立当初は「誰でもウェルカム」って感じで仕事を受けていて、そのせいで結構痛い目を見てきました。。

  • 料金を払わずバックれられたり
  • 脱税志向な方に絡まれたり
  • あからさまに値下げ要求されたり
  • 契約後、「やっぱ他のもっと安いとこ行くわ」と言われたり

などなど。。

 

こういうことが起きてしまったのは、僕の覚悟の足りなさが「誰でもウェルカム」な姿勢から見抜かれてしまっていたからでしょう。

その失敗を糧に、じっくり双方時間をかけて考えて、覚悟を持って契約する今のスタイルになりました。

 

それからは、嫌な思いをすることは少しずつ減っています。

「このお客様とはうまくやっていけそうだな」「依頼してくれ頼む!!!」と念じていたお客様からいい返事を頂けたときは、最高に嬉しいですし、

その後もいい仕事ができており、仕事自体が楽しくなってきています。


[編集後記]

昨日は午前中仕事をして、お昼から大宮の美容室に。帰宅後も軽く仕事。

娘がプリキュアにハマりだしました。つ、ついに…という感じです。
日曜朝8時半が楽しみになりそうです。

サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】
この記事を書いた人 入野 拓実
独立4年目の31歳。自称「とっつきやすい系税理士」
中小企業やフリーランスの税務顧問、相続税申告のほかに、
自力申告・独立支援・法人化などのコンサルティング業務を行っています。
各種セミナー、執筆実績多数。
1989.3.6生まれ。妻・娘と3人暮らし。
スーツよりセットアップ派。
twitter instagram

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。



記事をシェアしてください!