よつばと!の牧場回に憧れてマザー牧場に子連れ(幼児)で行ったら楽しすぎた




よつばと!の牧場回に憧れて、妻&2歳の娘と一緒にマザー牧場に行ってきました。

よつばと!の牧場回に対する憧れ

僕は「よつばと!」という漫画のファンです。

「よつば」という5歳の不思議な女の子と、どこにでもいそうでいないおっさん「とーちゃん」を中心とした日常系ドタバタコメディ漫画です。

最近はダンボーで有名になりましたが、流行る前からずっと好きでした。展示会とかいったことあるくらいには好きです。

その「よつばと!」のコミックス7巻に、よつば・とーちゃん・とーちゃんの友人たちで、牧場に行く話があるんです。

牛、羊、ヤギ、馬、乳しぼり、そして、はしゃぐよつば。僕にとっての”神回”の一つです。

よつばと!は、以前のエピソードの影響でよつばが成長していく過程が見られるのも魅力の一つ。この牧場回の後では、「牧場マン」というオリジナルキャラを作ったりしています。

この回を読んでからずっと、「子供ができたら一緒に牧場に行ってみたいなー」と考えていました。

マザー牧場までのアクセス

特急新宿さざなみで君津駅へ

最寄り駅の君津までは、新宿さざなみで(都内からの高速バスも考えましたが、娘が電車好きなので)。

特急電車特有の人の少なさ。娘がいても気を遣わずに済みました。

手すりが上がるタイプではなかったので、3席予約して正解でした。ネットで事前予約しておくと、券売機でクレジットカードを入れるだけで発券できるので、ラクです。

土日は特急新宿さざなみ。平日は特急さざなみ。停車駅が違うようなので注意です。


-----スポンサードリンク-----

君津駅からは直通バス

君津駅からマザー牧場直通のバスが出ています。山道を30〜40分ほど走ったら、到着です。

オープンが9時で着いたのは10時ごろでしたが、既に1つの駐車場が満車になっていました。とはいえ、めちゃくちゃ広いので、人混みって感じでは全然ないです。快適。

犬も可。連れてきている人も多く、中にドッグランもありました。

とりあえずマザーファームツアー

一番初めに、「マザーファームツアー」というツアーに申し込みました。入口にある券売機で、マザーファームツアーのチケットも同時に購入できます。

このツアーで見られる動物は、アルパカ、牛、羊(と牧羊犬)、ヤギ、馬、ロバ、ラマ。ガイドさんの説明や案内を聞きつつ、これ↓に乗って移動します。

アルパカ。白いイメージがあったのですが、黒いのも可愛い。

牛が至近距離で並走してくる。リアル・ジャングルクルーズ。

でかくてもかわいくていいじゃねーか。

羊も寄ってくる。かわいい。

牧羊犬が羊を誘導しているシーンも観ることができました。映像では見たことあったけど、実物を見られてちょっと感動。

ガイドさんがホルスタインにミルクをあげています。目にヤバみを感じる。

いったん下車し、羊・ヤギ・アルパカとのふれあいタイム。触るのはもちろん、エサもあげられます。羊の毛は思ったよりも硬く、弾力があるんですね。

ここでめちゃくちゃ良い笑顔で娘がはしゃいでて、「連れてきて良かった~」となりました。

ガイドさんが、食肉に対する考えについて触れていたのが個人的に良かったです。

実動30分強、移動や待ち時間を合わせると1時間弱のツアーでした。めっちゃ楽しかった。初めての方はとりあえずコレに参加しておけば間違いないと思います。


-----スポンサードリンク-----

散歩してるだけで楽しめる!

全体的な客層は、子連れの家族がメインで、若いカップルや年配の方や外国人観光客もチラホラ、という感じです。

ベビーカー(300円)やオムツ替えの部屋もしっかりと用意されています。

天気が良かったので富士山が見えました。

景色が良いので、写真を撮っている方、スケッチをしている(しながら配信もしてた)方なども多かったです。

ヤギの綱渡り。

景色がきれいだし、道が広くて歩きやすいし、動物があちこちにいるし。散歩しているだけでも楽しめます。花畑もあるようです。

込み具合はこんな感じ。

ふれあいコーナーでは、羊、カピバラ、マーラ、リクガメに触れます。

初めての乗馬体験

ずーーっとやってみたかった乗馬も体験できました。

実はこの時↑、めっちゃビビってます。

乗馬はめっちゃ怖い

子供たちが行列を作っていたので、10分ほどの待ち時間。

感想を端的に言うと、

「高い!」

「怖い!」

思ったよりめっちゃ高いし、馬が一歩歩くたびに振動が凄くて掴まっているだけで精一杯でした…。

でも子供たちは皆涼しい顔して乗ってた。小さくて軽いと揺れないとかバランス取りやすいとか、あるんでしょうか。

良い体験でしたが、2回目は良いかな、と。ほんと落ちるかと思うくらい怖かったので。

元競走馬、ハッピールックにエサやりもできる

馬にニンジンをあげられます。

娘がニンジンをあげているこの馬、なんと元競走馬でした。

名前はハッピールック。アグネスタキオン、クロフネ、ジャングルポケットなどと同世代です。28戦走って5勝も挙げ、獲得賞金1億8千万円。す、すごい…。

僕はこの馬の現役時代の頃は競馬をやっていなかったのですが、現役時代を知っている方は間違いなく感動するでしょうねぇ。

食事

ジンギスカン

お昼は推されていたジンギスカンにしました。

牛ラムダブルセットというメニューが一番ラクそうだったので選んだのですが…ラムはともかく、牛は「うーん」という感じ。

ラム自体も、本場のを食べたことがある人にとっては微妙かもしれません。観光地クオリティという感じ。マトンはありませんでした。

ただ、ラムチョップ(画像の奥にある骨付き肉)はめっちゃ美味しかった。頼みませんでしたが、ソーセージも美味しそうでした。

ソフトクリーム

ソフトクリームは、バニラ、チョコ、ブルーベリーの3種。

画像はちょっと溶けていますが…僕はブルーベリーミックスを選びました。美味しかった。

牛乳

もう一つのお目当て、牛乳。

後味が甘い!…気がする。美味しい!…気がする。普通の牛乳と飲み比べてみると明確に違いがわかりそう。200円です。

遊園地的なアトラクションも多い

ちょっとしたアトラクションもあります。

メリーゴーランド、コースター、観覧車といった定番から、昔デパートの屋上にあったような電車やアンパンマンの乗り物も。

牧場の趣旨とは外れるかもしれませんが、まぁこういうのも良いですね。

ちなみに、バンジージャンプもあります。やろうかなと前日はちょっと思っていたのですが…やめました笑

スケジュール確認を怠り、乳しぼり体験を断念

個人的に一番楽しみにしていた、牛の乳しぼり体験。

開催時刻を把握しておらず、気づいた時には終了していました…。

これは外せない!というイベントがある方は、公式サイトでタイムスケジュールを確認しておきましょう。

1日では回り切れない!次回行ったらやりたいこと

帰りの時間もあったので、15時頃には牧場を出ました。

ツアー、ふれあい動物コーナー、昼食、乗馬、馬に餌やり、遊園地と、結構遊んだと思っていたのですが…振り返ってみると、乳しぼり体験を含め、やり残したことが結構あります。

9-17時フルでいても、イベントなどを全て見尽くすのは難しいでしょう。全部回りたければ、もう1度行くか、泊まるかになりそうです。

ショー&イベント

そういえば、ショーはひとつも見れませんでした。

シープショーやこぶたのレース、アヒルの行進は見てみたいです。

手作り体験

気になっていたのは、食の体験工房。

バター、チーズ、ジャム、アイス、ヨーグルトなどを作るようです。娘とやってみたい。

味覚狩り

寒い時期に行って、イチゴ狩り(orフルーツトマト狩り)もしたい。

子供は楽しんでいたか

よつばと!のようだったかは置いておいて、娘はじゅうぶん楽しんでくれたように思います。

疲れ切っていたのか、帰りの電車で1時間半ほど寝たにもかかわらず、夜19時半から朝まで寝続けましたから…。

娘のとてもいい笑顔が見れて良かったです。こういう思い出や体験を数多く作っていけたらいいな、と思います。

他にもよつばとネタで行ってみたいところも多いですしね。

費用(電車以外)

  • 君津駅から直通バス:700×2人×往復=2,800円
  • 入場券(ツアー付):2,500×2=5,000円
  • 昼食(ジンギスカン):5,100円
  • 牛乳、ソフトクリーム:900円
  • アトラクション:2,000円
  • おみやげ(牛乳サブレ):2個1,300円

合計:17,100円

入場料は3歳以下は無料なので、4歳からはもう少しかかるかなーと。


[編集後記]

昨日は、引き続き決算を中心に。妻が体調を崩したので、早めに帰宅しました。

Googleアルゴリズム変更の影響がすごいです。1週間で10PVくらいしかなかった記事が主力記事になってたり、逆に稼ぎ頭だった記事の順位が落ちてしまったり。
まぁ、気にせずコツコツと書き続けるだけですが。

サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】
この記事を書いた人 入野 拓実
独立4年目の31歳。自称「とっつきやすい系税理士」
中小企業やフリーランスの税務顧問、相続税申告のほかに、
自力申告・独立支援・法人化などのコンサルティング業務を行っています。
各種セミナー、執筆実績多数。
1989.3.6生まれ。妻・娘と3人暮らし。
スーツよりセットアップ派。
twitter instagram

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。



記事をシェアしてください!