3歳児と行くディズニーランド。準備・注意点・オススメ&泣くアトラクション・親(大人)の楽しみ方




娘&妻と3人でディズニーランドに行ってきたので、まとめてみました。
(今年だけで何回ディズニーネタやるんだこいつ)

準備&注意点

基本的には普段の外出と同じ

特別なものは特に必要ありません。

普段の外出と同じ服装・同じ持ち物で問題ないです。

ベビーカーはレンタル

ベビーカーはレンタルできます。
現地まで問題なく連れていけるのであれば、持っていく必要はありません。

オムツ交換

オムツ交換代は、全ての女性用トイレに設置されています。
…男性用トイレは、一部のみ。

ランド内各所にあるベビーセンターで交換するのが一番かなと。オムツも売ってますし。

子供には事前に言わない

体調不良や天候などで中止になったときにショックを受けさせないため、子どもには当日まで伝えないでおくのもアリかなと。

実際僕は、娘には当日まで内緒にしておきました。
テンション上がりすぎて眠れなくなっても困りますし。

ファストパスの効率は悪い

ディズニーランドのファストパス対象アトラクションは、以下の通りです。

  • スプラッシュマウンテン
  • ビッグサンダーマウンテン
  • スペースマウンテン
  • プーさんのハニーハント
  • イッツアスモールワールド
  • ホーンテッドマンション
  • バズライトイヤーのアストロブラスター
  • スターツアーズ
  • モンスターズインク

 

このうち、3大マウンテンは乗れないし、ホーンテッドマンションは乗らないほうが良いし(乗ってしまったのですが…)、
バズ・モンスターズインク・スターツアーズは楽しめるかちょっと微妙な年齢。

となると、ファストパスを取るのは、消去法で、

  • ハニーハント
  • イッツアスモールワールド

の2つということになってきます。

 

僕が行ったのは日曜日だったのですが、ハニーハントのファストパスは、お昼前には既に発見終了。
なので、開園すぐに取りにいったほうが良いです。

イッツアスモールワールドは、日曜日ですら、待ち時間20分前後。
ファストパスを取るまでもなく、なんとなく損した気分になりました。

乗れるアトラクションが限られているので、非常にファストパス効率としては悪くなってしまいます。
まぁ、幼児向けのアトラクションは、基本それほど混んでいないので問題ない、という考えもできますが。


-----スポンサードリンク-----

とりあえず、ハニーハントのファストパスだけは早めに確保すべきです。

昼寝タイムをどうするか

3歳頃って、昼寝をまだしているか、なくなっているか、微妙な時期です。

昼寝をしていても、中途半端に起こしたら機嫌悪くなるし、
昼寝がなくなりかけていても、夕方頃は眠くなってきて、やっぱり機嫌が悪くなるし。

 

うちの娘も昼寝はほぼなくなりかけていたのですが、この日に限っては昼寝をしてもらいました。
機嫌悪くなられたら、地獄なので。

その為に、ランチをしっかり食べてもらい、食後はベビーカーに乗せて、
あまり刺激のなさそうな通り(ワールドバザール~シンデレラ城あたり)をひたすら散歩していました。

抱っこ紐

夜まで遊ぶ場合、子どもは確実に帰り道で寝るので、抱っこ紐があったほうが良いでしょうね。

…うちは僕が荷物を全て持ち、妻が娘を素手で抱っこで、帰り道の1時間弱を乗り切りましたが…。
なかなかキツかったので、何か用意したほうがいいかなと。

親一人だとなかなか厳しいかも

僕と妻が協力してなんとか乗り切れた、という感じがありました。

僕一人だと正直厳しいかな…という印象を受けました。
短時間なら大丈夫ですが、丸一日となると自信がありません。。

おすすめアトラクション

乗ったアトラクション(パレードなども含め)は、以下の通りです。

  • イッツアスモールワールド
  • ジャングルクルーズ
  • ハニーハント
  • アリスのティーパーティ(コーヒーカップ)
  • カントリーベアーシアター
  • スティッチ・プレゼンツ「アロハ・エ・コモ・マイ!」
  • 空飛ぶダンボ
  • ミッキーのフィルハーマジック
  • ホーンテッドマンション
  • キャッスルカルーセル(メリーゴーランド)
  • エレクトリカルパレード
  • 舞浜駅からの花火

 

この中から、特に娘が楽しんでいたもの・オススメのものを書いてみます。

イッツアスモールワールド

子連れのド定番、平和で癒されるアトラクション。
初めて乗りましたが、社会生活で汚れた心が洗われるような…大人でも楽しめます。


-----スポンサードリンク-----
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

娘の要望で、2回乗りました。
…これ以来、娘はずっと「小さな世界」を歌ってます。

ジャングルクルーズ

結構楽しんでいた印象です。

コーヒーカップ

娘は、これに乗っている時が、一番楽しそうで良い笑顔でした。
娘の要望で、4回乗りました。

メリーゴーランド

これが2番目に楽しそうだったかな。
娘の要望で、2回乗りました。

カントリーベアーシアター

クマのカントリー系コンサート。

怖い要素ゼロで刺激が弱いアトラクションです。
娘は寝落ちしてしまい、僕もウトウトと…休憩にオススメ。

空飛ぶダンボ

一目見たときから、娘が「乗りたい!」と言っていたアトラクション。

他の幼児向けアトラクションに比べると待ち時間は長いものの、
とても楽しんでいたので、並ぶ価値はあるかと。

2人乗りとのことで、僕は離脱し、待ってる間にパレードを観る場所を確保。

エレクトリカルパレード

夜だし、疲れてるし、観ずに帰ろうかとも思ったのですが…
「アナ雪だけは見せたいな」と、妻と意見が一致し、頑張ることに。

「こんなに大人しく、何かに集中していることってあったかな?」
と思うくらい、ずっと集中して観ていました。

特に、アナとエルサが来た時には、表情がとても真剣になり…。

翌日、「アナとエルサに会ったの。アナとエルサだいすきなの。」と、
嬉しそうに言ってきたときには、「疲れたけど頑張って良かったな」と思いました。

NGアトラクション

ホーンテッドマンションは絶対ダメ

うちの娘、度胸座ってるし大丈夫かな、と思ったのですが…ダメでした。

というか僕の記憶と違う…?こんな怖かったっけ…?と思ったら、
僕は全然怖くないハロウィンの時期の「ホリデーナイトメア」バージョンしか乗ったことがなく。。

通常バージョンは幼児には無理です。

これは僕が馬鹿でしたね。ごめんなさい…。

ミッキーのフィルハーマジックも注意

音楽聴くだけだし大丈夫だろ、と思っていたのですが…

スリリングな展開&大音量&暗い&とつぜんの水、などに驚いたようで、泣き始めてしまい。。
避けたほうが無難な気がします。

ハニーハントもまさかの…

序盤は大丈夫でしたが、ティガー→「気をつけろ」の後から、涙目に。

ちょっとチョイスが雑すぎた、と反省しています…。
ホーンテッドマンションの後だったので、過剰に敏感になっていた可能性もありますが。

大人(親)は楽しめる?

疲れましたが、僕も妻も楽しめました。
帰りの電車で、疲れ切ってぐっすり寝ている娘を横目に、「行ってよかったね」と話をしました。

子供と一緒に行くことで、普段とはまた違ったディズニーの楽しみ方ができました。

大人だけだとなかなか行かないアトラクションも、新鮮で楽しめましたし、パレードもちゃんと見たのは初めてでしたし。

 

アトラクションにたくさん乗るぞ!~に行くぞ!~を見るぞ!といった目的は持たずに、
「子どもの笑顔を見れたらそれでいっか」「グダったら適当にダラダラして帰ろう」
くらいのスタンスが一番楽しめるかな、という気がします。

 

帰りの電車から見えた花火に「はなびー!」と娘が反応しているのを見て、
(去年の夏の花火大会ではあまりリアクションしてなかったのにな~)と、成長を感じました。

アトラクションの待ち時間にきちんと並べたことが、一番の驚きでした。
どんどんしっかりしていくなぁ、と。


[編集後記]

昨日は、クライアントと月次打ち合わせ。
業績が伸びている会社さんは、共通して「人の確保が急務」だとおっしゃっている印象です。

Instagramに投稿した、娘に顔を踏まれてる写真。
僕の反応が面白いようで、僕が寝転がっていると必ずやってきます。。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。