自分だけではなく「お客様にとって手離れが良い」仕事を目指す




お客様と直接関わる仕事においては、「手離れ」を意識しています。

手離れ良く仕事する

フリーランスとして仕事を始めてから、仕事の手離れを意識するようになりました。

ひとりで仕事をしていると、どうしても使える時間は限られてくるし、誰かに任せることもできないからです。
手離れが悪い仕事ばかりをしていると、苦しくなってきます。

 

同時に、「手離れが悪い状態は好ましくないのは、お客様側も同じ」と考えるようになりました。

「何度でも・何時間でも付き合う」「アフターフォロー無制限」というスタンスを考えていた時期もあるのですが、
やり取りが増える=お客様の時間を奪ってしまっている、ということでもある、と思うからです。

手離れが良い状態を作るために意識していること

自分にとっても、お客様側にとっても「手離れが良い」状態になるために、次のようなことを意識しています。

単発のメニューを作る

継続契約や他のメニューへの誘導などをしない、単発のメニューを作っています。
タイムチャージ制(~分あたりいくら)であれば、自分にとっても手離れは良いですし。

契約更新を前提にしない

顧問契約をしていただく際にも、「当たり前にずっとお付き合いが続く」とは考えないようにしています。

特に、税務リスクがそれほど高くないフリーランスやひとり会社などの場合、
一通りノウハウを伝え終わったなら、契約を打ち切っても構わないかな、と考えています。

顧問契約って、税理士ビジネスをやる上では、とてもありがたいものなのですが…
「なんとなく」で契約が続いてしまうのを、僕は望んでいません。

先日、新規の顧問の問い合わせを頂いた際も、「2年を目安に、顧問契約からの卒業を目指してみませんか?」とご提案しました。
スペック的に、一通りノウハウを伝えた後は、ご自分でもできる方だと感じたからです。

(契約には至りませんでしたが、僕のスタンス・意図は汲んでいただけたと思っています)

「やり方」だけではなく「考え方」を伝える

質問に対する答えだけではなく、「何故そうなるのか」ということを説明するようにしています。

答えを伝えるだけだと、別のケースに応用できないし、記憶からも抜け落ちやすいからです。

結果、お客様にとっても、僕にとっても二度手間が発生しやすい。
それであれば、最初に考え方を伝えることで、理解が深まれば…と考えています。


-----スポンサードリンク-----
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】


-----スポンサードリンク-----

テンプレートを渡す

Excelのテンプレート等は、出し惜しみせずにお客様に渡すようにしています。
結果を知りたいだけであれば、わざわざ僕を介す必要がないと思うからです。

自分でできるようになっていただければ、僕も助かりますし。

マニュアルを渡す

ケースによっては、口頭だけではなく、パワポなどで作ったマニュアルを渡すようにしています。
後で見返していただいて、理解を深めて頂くためです。

マニュアルとして残っていれば、忘れたときにもすぐに見返せますし。

「自分じゃなくてもOK」な状態を作る

仕事の入り口と出口も意識しています。

入り口、つまり仕事を依頼して頂く段階では、「この人じゃないと」と思っていただきたいものです。
ですが、出口、つまり仕事が終わった段階では、「もう頼まなくてもなんとかなる」「誰がやっても大丈夫」という状態が理想かな、と。

もちろん、そういう風にできるのは、低難度な仕事に限りますが…

そのために、システマチックにできる部分はしておきたいな、と(それ自体が仕事だったりもするわけですが)。

ブログを書き続ける

ブログって、「手離れが良い」という意味では、最強のツールかもしれません。

僕は、ひたすら書くだけですし、
読者の方は、読んで疑問が解決すれば、ブラウザを閉じればいいだけだからです。

手離れが良いデメリットを受け入れられるかどうか

手離れが良いビジネスにはデメリットも結構あると思います。

  • お客様を囲い込めない
  • 味気ない、心がない(と思われる可能性がある)
  • 儲けの効率が悪い(場合もある)
  • お金を手放す、仕事を手放すことになる(場合もある)

など。

時間をかければかけるほど、話している時間が長ければ長いほど、良い仕事ができるという考え方もあるでしょう。
(実際に僕も、顧問のクライアントとの仕事には、とことん時間をかけています)

ただ、必ずしもそれが求められているわけではない、とも思いますし、
時間をかけて囲い込むのが目的になってもいけません。

手離れが良いことによるデメリットをある程度受け入れることで、ひとりで仕事をしながらも、
より多くの方にサービスを届けられるかな、と考えているところです。


[編集後記]

昨日は、午前中は仕事、午後から美容室。

担当の美容師さんが「昨日まで社員旅行で宮古島だったんですよ」と。
儲かってるのはもちろん、スタッフみんな仲良さそうだし雰囲気も良いし、いい職場なんだろうなぁと感じました。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。