いつやるか、ではなく、いつ休むか。




実は、先週木~土曜日にやる気が完全になくなったり、ちょっと体調崩して微熱が出たりしてました。

思えば税理士登録してからというもの、平日夜や土日を使って、何も知らないままブログ解説してみたり、ガンガン手続き絡みや開業準備を進めたりしていたので、知らず知らずのうちに疲労がたまってたのかもしれないです。

浮かれてたりモチベーション高いときって疲れに気づかないものですね。

たまーにですが、何回かこれやらかしちゃってます。

反省の意味を込めて記事にしてみます。

疲れ切る前に休む

フリーランスのお客様と働き方・日々の過ごし方などについて話をしていた時のこと。

そのお客様の「スマホのバッテリーをスッカラカンまで使い切ると、復活に時間かかるじゃん。最悪でも赤くなったら、できれば30%くらいまで減ったら充電しときたいよね」という言葉に凄く納得してしまいました。

ぼくは正に、やるときはトコトンやるけど、充電なくなりそうになってもそれに気づかず走り続けてしまって、充電切れでしばらく動けなくなるタイプの人間。

税理士試験の勉強でもそうでした。周りの人たちを見て、毎日たんたんとやるべきことをこなせる人凄いなー、と思ってました。

でもよく考えるとそういう人たちって、いわゆる「メリハリをつけるのがうまい人たち」でした。

毎日同じ時間に寝起きして、ルーチンはとっとと片付け、仕事もキッチリ時間通り終わらせ、勉強時間を確保し、受験生だけどたまには遊びに行ったりしてリフレッシュしてる、みたいな。

定期的にちゃんと充電とデフラグをしてるから、動き続けられるんだろうなー、と。

ぼくは対照的に、「やる気出ねぇ~~」とか定期的に言いながら、勉強しないことに罪悪感を感じて、ゆっくりしていても勉強のことが頭にチラついて、どこか気が休まらないってことが多かった。遊びに誘ってくれる友達もいなかった

結果充電されず、リフレッシュ効果も薄い、と。効率悪いし精神衛生上も悪いし、いいことないじゃん!

自分の限界を知り、適度を知り、ちゃんと休む(遊ぶ)ことにします。



いつ休むかを決める

とはいえ「メリハリつける」なんて口で言うのは簡単だけど、じゃあ実際どうしたらいいのか。

ただでさえ足りないのに微熱でボーッとしてる頭をフル回転させた結果、「先に休みを決める」って結論に達しました。

今まで僕は「これをいつまでにやらなきゃ」って、タスクを中心にして物事を考えてたんです。

でも、仕事でも勉強でもブログでも何でもそうなんですけど、自分を成長させるための行動って、終わりがないから、やろうと思えばいくらでもできちゃうんですよ(僕は基本的に仕事は17時以降はしないけど)。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

特に僕なんて、この本読まなきゃ、とか、~の勉強しなきゃ、とか、スキルアップのためにやるべきことなんていくらでもあります。

だから、そのタスクが終わっても山積みになったタスクの中から次のタスクを消化する。終わったら次、終わったら次、の繰り返し。

そりゃ充電切れ起こすわ~。一見めっちゃ頑張ってる人、みたいに見えたり、自分でもそう勘違いするのが怖いところです。ただ自己管理が下手でだらしないだけなのに。

こんなメリハリのない生活してたら、ずっと非効率なままですし、何より楽しめませんからね。これを機に、「タスクが先」から「休む・遊ぶが先」に変えることにします。

仕事は17時以降は当然やらないとして、ブログや勉強なども一切やらない「完全フリー」な時間を作る。もっというと「遊びに行く予定」を作る。さらに突き詰めると友達を作る

そうすれば、疲れ切る前に強制的に充電できるはず!

土日どちらかは一切税金やブログのこと考えない、平日も22時以降はやらない、など、具体的な基準を設けることにします。

いざというときのために余力を残しておく

時間・仕事量ともに、2割くらいは余力を持っておかないと、体調崩したり急な仕事が入ってきたときに対応できないよなーとも思いました。

ブログはいつ投稿しても大丈夫なネタをいくつか書き溜めておいたので、寝込んでも問題なく更新することができましたし、事務所的に4月は割とヒマな時期なので、仕事に穴をあけることもありませんでした。

これが書き溜めもなく、年末年始とか確定申告期とか5月だったらと考えると…いや考えたくもない。

今はまだサラリーマンですが、独立したら自分が潰れたら何もできなくなるわけですからね。

時間・仕事量の管理は今のうちから意識していきます。

一生懸命のんびりしよう

って、のび太が言ってました。

上記のメリハリつけるのがうまい受験生たちって、皆さん優秀だったんですよね。

たしかに凄い努力はしてるけど、たまには遊んでるのに3年で合格する人とか、いるじゃないですか。

逆説的になるけど、「ちゃんと遊んでる」から「頑張るべき時に頑張れる」のかなって今回思いました。

思い返すと、受験始めてから今まで、ほとんど遊んでないことに気づきました。

遊ぶ友達がいないことには前々から気づいてました

 

まぁ今回寝込んだことによって、こんなことを考えられたので良い機会だったかなーと。ただでは転ばない系税理士。

「体や脳が休めって言ってる」なんてよく言いますが、本当その通りかもしれませんね。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。