同業者のブログを読んで得られるもの|楽しさ・勉強・刺激




同業者(税理士)のブログは、あらかたチェックしています。

税理士のブログは、十人十色

たくさんいる、税理士ブロガー。

僕がブログを始めた2年半前の時点で、それなりに人数がいらっしゃったと記憶していますが、
今ではさらに増えた印象です。

同業者ブログを見つけたら、とりあえずRSSリーダーに突っ込み、チェックするようにしています。

 

皆さんそれぞれ、

  • キャラ
  • 文章
  • 考え方
  • 得意分野
  • ブログのスタンス

などが多種多様で、いつも楽しく読ませていただいています。

同業者のブログを読んで得られるもの

同業者のブログを読むと、様々なメリットがあります。

勉強になる

まず1つは、勉強になるというもの。

自分とは違った専門分野を持つ方の記事は非常に勉強になりますし、
仕事のスタンスや考え方に関する記事も、「なるほどな」「さすがだな」と思わせられることは多いものです。

定期的なインプット手段として活用させていただいています。

刺激を得られる

次に、刺激を得られるということもいえます。

僕はひとりで仕事をしていますが、人間自分一人だけでは色んな意味で限界があります。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

仲間やライバルの存在なしでは、モチベーションは維持できません。

どうしても思考が凝り固まったり、現状維持に走りがちですし、
特に僕は、リアルで同業者との交流をあまりしていないので、なおさらです。

 

日々前進を続けている同業者の姿をブログを通して確認することで、モチベーションを保っています。
(毎日ケツぶったたいてもらっているような感覚です)



ブログを書き続けることに対する孤独感もやわらぎますし。

続けることが一番難しい

定期更新でも、不定期更新でも、「一定のモチベーションを保ってブログを続けること」はめちゃくちゃ難しいですし、大変です。

続けることそのものが、もしかしたら、一定の成果を出すことよりも難しいかもしれません。
辞める言い訳が、毎日のようにいくらでも浮かんでくるからです。

僕自身、その言い訳と毎日戦って、ヒーヒー言いながら書いています。

 

ただ、その言い訳を上回るケツぶったたきやメリットがあるから続けられていますし、
自分自身の記事が、同業者にとっての楽しみ・刺激に少しでもなっているのであれば、嬉しい限りです。


[編集後記]

昨日は、相続税申告の依頼の初回面談。

夏休みが終わってから、娘の就寝時刻は19時です。
幼稚園に行った日は昼寝をしないので、すぐ眠くなるようです。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。