フリーランスのプロフィール写真。自分で撮るか、カメラマンに依頼するか。




フォトグラファーの方にプロフィール写真を撮っていただきました。

カメラマンをどうやって見つけたか

最初から決めていたのは、「同じフリーランスの方に依頼したい」ということ。

僕はサービスを探すときには、組織化されているところや資本が入っているところではなく、フリーの方を探します。

人柄・打ち出し方・コミュニケーションなど、自分の仕事に置き換えて考えることで、勉強になることが多いからです。

 

そこで適当にググったりSNSで探したりしたのですが…これという人は見つからず。
(探し方が悪かったのかもしれません)

最終的には、OurPhotoというポータルサイトで見つけた、
同郷・同い年でレビューがめちゃくちゃ高いkuboriさんという方に依頼しました。

イメージ・用途を伝えておく

まず、どんな写真が撮りたいかイメージをしっかり伝えておくことが大切です。

税理士だと「スーツで腕組んでお堅めにビシッとキメてる」的な写真の方が多いですが、
それは僕のキャラじゃないので、その真逆にしたい・崩せるだけ崩したい、というイメージを伝えました。

そこから、

  • 腕組みなどのポーズはなく、自然な感じで
  • 思いっきり笑顔で

など、詳細を詰めていったわけです。

(スーツではなくセットアップ、スタジオではなく外での撮影にしたのも、崩したかったからです)

 

あと、用途も伝えておいたほうがスムーズかなと。

僕の場合、プロフィールだけでなく、ブログのヘッダーやパンフレット等にも使うことを想定していました。

なので編集しやすいように、背景はシンプルめ、アップよりは引きの写真を多めに撮っていただきました。
(実際トリミングや文字入れがしやすくて助かりました)


-----スポンサードリンク-----

自撮りか、プロに依頼するか

そもそも写真を、自撮りするか、プロに依頼するか、という問題もあるでしょう。


-----スポンサードリンク-----

必ずしもプロに頼まなければいけないということもないはずです。
実際僕も、今回撮影して頂くまでは自撮りでしたし、それでも依頼を頂けていましたし。

確定申告を自分でやるフリーランスが増えているように、
ITの発達により「素人が自分でやる」ことのハードルが下がっているのはどの分野でも同じです。

 

それでも今回、プロの方に依頼して良かった、と感じています。
自分の知らない部分を引き出してもらえたからです。

(我ながらめっちゃ爽やかじゃないですか?)

ポーズや場所は全てkuboriさんにご提案いただいたものです。
こういう白ベースで清潔感のある雰囲気は、自分には似合わないと思っていたので、写真を見て驚きました。

笑顔の引き出し方も「さすがだなぁ」と。

 

フリーランスは「何でも自分でやってみる」という方が多い気がしますが、
時にはプロに依頼してみると、新しい発見があるかもしれません。


[編集後記]

昨日はゆるめに仕事。

朝寝ていると、「早く起きろー!!」と娘に叩き起こされます。。
声掛けだけではなく、乗られたり飛び跳ねられたりするので、起きざるを得ません(;’∀’)

サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】
この記事を書いた人 入野 拓実
独立4年目の31歳。自称「とっつきやすい系税理士」
中小企業やフリーランスの税務顧問、相続税申告のほかに、
自力申告・独立支援・法人化などのコンサルティング業務を行っています。
各種セミナー、執筆実績多数。
1989.3.6生まれ。妻・娘と3人暮らし。
スーツよりセットアップ派。
twitter instagram

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。



記事をシェアしてください!