帳簿の「摘要」には何を書く?書き方・会計ソフト別(弥生・freee・マネーフォワードクラウド)の入力方法を解説




「摘要って、何を書けばいいんですかね」と質問を受けたので、まとめてみます。

摘要には何を書くか

帳簿は、次の5つの要素で成り立っています。

  1. 日付
  2. 金額
  3. 勘定科目
  4. 取引相手の名前
  5. 取引内容

このうち、摘要の役割は、④と⑤。
つまり、摘要には「取引相手の名前」と「取引内容」を書けばOKです。

(取引相手が存在しないような仕訳の場合には、取引内容だけでOKです)

①から③は、会計ソフトに仕訳を入力していけば自然に満たされる要素なので、あまり気にする必要はないでしょう。

「取引相手の名前」と「取引内容」をどのように書くか

次に、どの程度詳しく書くべきか?という問題もあります。

取引相手の名前の書き方

原則として、取引相手の名前は、正式名称、つまりフルネームや会社名を正確に書く必要があります。

しかし、多少の省略が認められる場合もあります。
取引先のリストや履歴などから、相手の正式名称や住所などを特定できる場合です。

取引相手が個人事業主なら、「入野拓実税理士事務所」ではなく、「入野」、
法人なら、「株式会社オリエンタルランド」ではなく「オリエンタルランド」、
コンビニなら、「株式会社ファミリーマート 柏1丁目店」ではなく「ファミリーマート 柏1丁目店」、

くらいの省略は認められます(最後のは「ファミリーマート」だけでもセーフかなと…「ファミマ」は微妙かもしれませんがw)。

取引内容の書き方

内容に関しては、第三者がパッと見で何を買ったかわかる程度に書けばOKです。

例えば、

  • ボールペン2本
  • シャーペン1本
  • マジック1本

を買った場合には、「ボールペン等」とか「文房具」とかでまとめて書いちゃっていいし、

  • ボールペン2本
  • お茶菓子

を買った場合も、「文房具等」とか「お茶菓子等」、ってどっちかでまとめて書いちゃって問題ありません。

消費税との帳簿の関係

…と、ここまで基本的な摘要の書き方をお伝えしましたが、ぶっちゃけるとさらにざっくり書いてもいいケースが存在します。



それは、あなたが「消費税の支払いを免除されている方」または「消費税の計算を簡易課税制度でしている方」である場合です。

 

…どういうことか、順を追って説明してみます。

消費税の納税の仕組み

消費税は、売上などで預かった消費税から、仕入や経費で支払った消費税の差額を国に納めます。
売上が100万円なら、8%で預かった消費税は8万円。仕入が50万円なら、支払った消費税は4万円です。

(税率は8%として計算してます)

国に納めるのは、8万円から4万円を引いた残りの4万円。
算式で言うと、

売上にかかる消費税 - 仕入・経費にかかる消費税 = 納める消費税

となります。

この仕入・経費にかかる消費税を差し引くことを、「仕入税額控除」と呼びます。
そして、この「仕入税額控除」をするためには、

  • 仕入・経費の支払先の名前・取引内容を、帳簿に記載する
  • 仕入・経費の請求書、領収書等を保存する

ことが条件になっています。

 

もし、「面倒で取引内容も名前も書いてないや」「取引内容しか書いてないや」という場合には、仕入税額控除はできません。
上記の例で言うと、4万円引くことができず、売上にかかる消費税8万円をそのまま納めることになってしまいます。

だからこそ、特に、仕入や経費の支払いに関する仕訳については、しっかりと摘要を書くべきです。
税務調査で指摘される可能性もある部分ですから、しっかりと「取引内容」「取引先の名前」の両方を書いておきましょう。

…僕が言うのもアレですが、めちゃくちゃ面倒臭いルールです、これ。
(先日もクライアントに伝える際、めちゃくちゃ伝え方に悩みましたし)

免税の人には関係ない

逆に言うと、消費税の支払いが免除されている方や簡易課税の方は、「仕入税額控除」のルールは関係ありません。
ですから、もう少しシンプルな書き方でも問題ないわけです。

そういった方は、あまり気にしすぎずにいきましょう。
もちろん、「何も書かない」というのはNGですが…。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

会計ソフトごとの特徴

freee

後述するマネーフォワードクラウド会計含め、クラウド会計ソフトは便利です。
なんといっても、「摘要」もある程度自動的に書いてくれますから。

次は、実際の僕が経理をしているfreeeの画面です。
クレジットカードで支払ったさくらインターネットへのサーバー代が未登録仕訳として上がってきています。

取引内容には自動的に[サクラインターネット]と入っていますから、このまま登録しても、

摘要に「サクラインターネット」と入るわけです。
2つの条件のうちの1つ、「取引相手の名前」は自動的に満たされているわけです。

どうせなら、もう1個の条件、「取引内容」も自動的に満たしてしまいましょう。

自動登録ルールを設定します。[設定]→[自動取引ルールの設定]などから設定できます。

freeeの場合、自動的に入る[取引内容]のほか、[取引先][品目][メモタグ][備考]も摘要として入力されます。
ここで、[品目]はインターネット関連費、[メモタグ]はサーバー・ドメイン代、と自動的に入力されるように設定すると、

次回からは、それらも摘要として自動的に入力されてくれます。
正式な帳簿形式で見ても、きちんと反映されています。

マネーフォワードクラウド会計

マネーフォワードクラウド会計の場合も、自動的に取引先の名前は入力されます。

[自動で仕訳]→[連携サービスから入力]→[画面右上の自動仕訳ルール]を見てみると、次のような画面です。

この場合も、やはり足りないのは「取引内容」のみですから、それをルールに追加してあげれば、次回からは自動的に取引内容も入力されます。
右側のボックスにすでに店名が書かれていますから、その横に入力していきます。

例えば、「ジュンクドウショテン カシワモディテン 書籍代」「モスバーガー 打ち合せ飲食代」という感じです。

弥生会計など、インストール型の会計ソフト

インストール型の会計ソフトで、自動連携機能を使っていない場合は、「取引内容」も「取引相手の名前」も手入力していくしかありません。

アイディアとしては、家計簿アプリの活用が考えられます。

  • 家計簿アプリにネットバンク・クレジットカードを同期
  • アプリのcsvデータをエクスポート
  • csvデータを会計ソフトにインポート

という流れです。

紙のレシートにしても、OCRスキャン精度の良いアプリであれば、お店の名前をある程度読み取ってくれますから、それをデータ化することで手入力の手間を省けます。


[編集後記]

先週金曜日は、2月決算の続きを。
土曜日は、新規顧問の問い合わせを頂いた方との初回面談。

幼稚園の入園式があったので、久しぶりにスーツを着ました。
娘は久しぶりに幼稚園に行けて楽しかったようです。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。