家族旅行を体調不良でキャンセル…ショック。悲しい気持ちから立ち直るには




体調不良で旅行をキャンセルした備忘録的記事。

旅行直前に、体調不良…

昨日の記事の編集後記でもチラッと書きましたが、体調不良で家族旅行をキャンセルしました。

3ヵ月前から予約してあったディズニーのバケーションパッケージ。
ちょっと頑張ってミラコスタにしたこともあって、とても楽しみにしていたのですが…。

  1. 予定前々日の明け方、娘が突然の発熱&嘔吐
  2. 予定前日の昼、妻が発熱&嘔吐&下痢
  3. 予定前日の夕方、僕が発熱&嘔吐&下痢

と、一家全滅。

当日まで様子を見ましたが、あえなく当日キャンセルです。

当日朝の段階では、娘と妻はだいぶ回復していたので、「2人だけでも行ってくれば?」とも考えたのですが…
よく考えたら、ウイルスまき散らすわけにはいかないよな、ということでキャンセルしました。

(病院ではハッキリとは言われませんでしたが、おそらくノロウイルスでしょうし)

めっちゃくちゃ落ち込む

ずっと楽しみにしていた旅行だったので、正直、かなりへこみました。

吐き気と高熱に耐えて横になりながら、「本当だったら今頃は…」と何度も考えてしまうわけです。

当日キャンセルなのに50%返ってきたのはありがたいと言えばありがたいのですが、何もせずにうん万円がなくなった事実は変わりません。
他にも、この日のために土日に前倒しで仕事したのに、とか、何でこのタイミング、とか。

僕も妻も初めてのバケーションパッケージだったのに、とか。いくらでも恨み言が出てきます。

(娘に内緒にしておいたのは、結果的にいい判断だったかなと)

 

そんなこんなで、旅行予定だった火~水曜日はかなりへこんでました。

ただ、今(金曜日朝)はもうどうでもよくなっています。

落ち込んだ気持ちから立ち直るには

切り替えるために、次のようなことをやりました(やります)。



返金された旅行代金で旅行の計画を立てる

真っ先にやったのはコレ。

キャンセル料は50%だったので、残り50%の旅行代金は返金されます。
その返金されたお金を元手に、違う旅行の計画を立てました。

当然旅行のグレードは落ちてしまいますが、計画立てるだけでも楽しいですし、気が晴れます。
グレードが落ちる=日帰りだから気軽に行ける、とも言えますし。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

穴埋めしてしまえば、差額の50%部分についても、「高めの時期だったと思うことにしよう」みたいな割り切りができるんじゃないかなぁ、とも。

リベンジを誓う

とはいえやっぱり行きたかったし悔しすぎるので、ディズニーは必ずリベンジを。

「バケーションパッケージ&ミラコスタで、必ずリベンジする」と、妻と話しました。
今年中に必ず行きます。

ゆっくり休む

病気になるたびに「体と心が安めと言ってるんだな」と思うことにしています。

このタイミングで休むのが必然だった、くらいの感じです。単なるオカルトですが。

ケチをつける

「もし行けてたとしても~」的なケチをつけてみました。

例えば、旅行予定日の2日目は、雨。
雨と言うだけでテンションが下がるのはもちろんですし、雨の日に娘と外にいるのはなかなか大変です。

あと、娘はディズニー作品はアナ雪にしか興味がなく、他のキャラクターにもあまり反応を示しません。
娘にはまだちょっとだけ早かったような気もします。

こんな感じで、「行けなかったけど、そんなに損してない理由」を必死に探しました。笑

ネタにする

「何ヵ月も前から楽しみにしていた旅行が、一家全滅でキャンセル」なんて、数年後にはめちゃくちゃ笑えるでしょう。
家族3人の共有ネタができました。

あと、こうしてブログネタにもできましたし。

(ちょっと角度を変えて、もう1回ネタにしたろうかと)

結果的に、おいしかったかな、と。

リスク管理について、前向きに反省してみる

これを機会に、病気のリスク管理について、前向きに反省してみました。

手洗いうがいとか、マスク着用とか、睡眠とか、基本的な体調管理には常に気を使っているつもりですが、
おそらく今回の敗因は、薬をもらうために娘を病院に連れて行ったことと、生もの(赤貝)を食べたことじゃないかな、と。

どちらも旅行直前では避けるべきでした。

こういうことを考えることができたのは、体調不良が旅行と絡んだからこそなので、まぁ良かったかなと。


[編集後記]

昨日は、2月決算を1件終わらせました。

もうめちゃくちゃ元気になってますが、胃腸だけはまだ弱っているようで。。
普段の3分の1くらいの量しか食べられません。脂っこいものや生ものは見たくもないレベルです。。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。