freeeのプライベート資金、役員資金=事業主借。現金払いの経費で活用する




freeeの口座には、「現金」「預金」「クレジットカード」などのほかに、プライベート資金というものがあります。

このプライベート資金、なかなか使い勝手がいいものなので、紹介してみます。

プライベート資金(役員資金)とは

このプライベート資金という口座の意味は、事業の経費をポケットマネーから支払ったよということです。

この機能を上手く使うことで、

  • 現金出納帳の残高を毎日合わせる
  • 事業用の財布とプライベートの財布を分ける

といったことから解放されます。

法人の場合は、「役員資金」となっています。

 

freeeのこの機能の紹介ページには、

事業の経費について、プライベートの現金や銀行口座から決済することがあります。

特に個人事業主の場合、現金支出をプライベートの現金で払うケースが非常に多くあります。

※参照元

と書かれています。

むしろ、経費を現金で払わざるを得なかった場合には、必ずプライベートの現金で払うようにしましょう。

事業用のサイフを作っちゃうとめちゃくちゃ面倒くさいですが、この方法なら残高を合わせる必要がなく、経理が楽になります。

 

実際の仕組みと活用方法

以下は、freeeのスマホアプリで、1,000円の交通費を取引登録しようとした場合です。

レシートをアップロードすることで、取引日と金額は自動的に読み込まれます。そして勘定科目を「旅費交通費」と設定します。

必要に応じて取引先なども入力していきます。ここまではいつもと同じです。

次に、口座を「プライベート資金」に設定します。そして登録。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

 

実際に入力された仕訳をPC版で確認してみると、



旅費交通費 / 事業主借 1,000円

となっています。

 

この事業主借という勘定科目は、文字通り「事業主さんからお金を借りて経費を払ったよ」という意味になります。

事業主のプライベートのお財布なので、事業用の現金などの残高には影響しません。

なので、残高などを気にする必要がなく、楽なのです。

 

法人の場合は、「会社が役員からお金を借りて(立て替えてもらって)経費を払ったよ」という意味になります。

お金は借りたら返さなければいけませんから、役員が立て替えたお金を定期的に役員の個人口座に振り込んで精算します。

「役員借入金」という勘定科目をの残高を定期的に確認して、その金額を振り込めばOKです。

 

大量のレシートをアップロードして一気に入力する際には、「連続取引登録」を使い、

口座を「プライベート資金」にしておけば、全てのレシートをプライベート資金で固定して入力できるので、楽です。

 

とはいえ、現金払いはないのが理想

クラウド会計ソフトの最大の利点は、ネットバンキングやクレジットカード、電子マネーなどの同期による自動化にあります。

経費はクレジットカードで払うことで、経理の効率化になり、初めてクラウド会計ソフトの恩恵を受けることができます。

なので、できる限り現金払いの経費はなくしていきたいものです。

ただ、カードが使えない場合も多いですからね…。

そのような場合に、プライベート資金を活用してみてください。

 

 

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。