LINE公式アカウント導入~半年間の運用結果をまとめてみます




仕事の依頼窓口として、依頼フォームのほかに「LINE公式アカウント」も使っています。

LINE公式アカウントを導入してから約半年の間にあったことをレポートしてみます。

LINE公式アカウントを導入した理由

LINE公式アカウントは、本来は大企業や飲食店、小売店などが販促目的で使うものです。

ですが僕は販促ではなく、「仕事の依頼窓口」として使っています。

 

導入した理由としては、

  • ネットに慣れていない方でも、LINEなら身近なのでは?という思惑
  • 電話での依頼を受けていないので、ネット上の窓口は増やしておきたい

といったことがあります。

 

プライベートのLINEアカウントを公開しても良かったのですが、

できればプライベートとは分けておきたかったですし、自動返信機能が魅力的だったので公式アカウントを取得しました。

 

そのあたりの概要については以下の記事でひととおりまとめています。

関連記事:フリーランスのLINE公式アカウント活用法|お問い合わせ窓口としてブログと連動

ちなみに、この記事の段階ではiOSアプリはありませんでしたが、現在はiOSアプリも公開されています。

半年間の運用実績・成果

半年間での運用実績としては、以下の通りです。

  • 友だち追加数:11
  • うち、メッセージが来た数:6
  • うち、営業の数:2
  • うち、仕事の依頼になった数:1

 

打率は低いですが、まぁいちおう依頼をいただけたので、無意味ではありませんでした。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

 

友だち追加数とメッセージ数の差については、

  • LINE上での税務相談にはご対応いたしかねます
  • メニューの内容、金額をご確認の上お申し込みお願いいたします

という文言を自動返信機能に記載しており、このどちらかで引き返されてしまったのかなと思っています。
(あとは冷やかしでしょうね)



 

営業メッセージが来てしまったことは反省点です。

「営業は固くお断りします」という文言を、自動返信に加えておくべきでした。
(LINEアカウントを公開しているページには書いているのですが)

まとめ

LINE公式アカウントを導入してからのこの半年間、

従来の依頼フォームからの依頼がほとんどで、LINE公式アカウント経由での依頼は1件のみでした。

これといったデメリットはないので、もう少し続けてみようとは思っています。

 

実際に使ってみた感想としては、「上手に販促で使える方も多いだろうなー」ということ。

やはり情報発信やキャンペーン情報の認知などに向いていると感じました。

ブログ→公式アカウント登録→ステップメール形式で情報発信、とかもアリでしょうね。

 

気になる方は、無料での質問や営業への対策をした上で、試してみていただければと思います。

設置位置や依頼フォームとの棲み分けを考えてみるのもいいでしょうね。


[編集後記]

昨日は、決算の後処理、新設法人特有の処理などを中心に。

スクワットをした次の日は心身ともに調子が悪い気がしますw
完全オフにできない限り、やめといたほうがいいのかもです。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。