「自分に誇りを持てる仕事」をしていきたい




誇りを持てる仕事をしていれば、仕事自体が楽しくなり、気持ちが豊かになります。

柏駅前の純喫茶「コンパル」

柏駅西口にある純喫茶「コンパル」。

決して小ぎれいとは言い難いですし、現金払いのみですし、分煙もされていないお店です。

ですが、昔ながらの落ち着いた雰囲気と、クラシックがかかっていることが気に入り、
駅前で時間を潰す時に利用することが多いです。

このお店の会計伝票の裏面には、
「伝統と誇りを持ちお客様に奉仕致しております」
と書かれています。

この文章を読んで、「伝統はないけど、仕事に誇りは持てているな」なんてことを考えたのでした。

仕事における「誇り」ってなんだろう

複数の会計事務所・税理士法人に勤めましたが、会社員の頃は仕事に誇りを持てていませんでした。

原因としては、以下のようなものがあったと思います。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

  • 安い報酬
  • 給料ももちろん安い
  • 「将来的になくなるのでは」と感じる仕事ばかりやらされる
  • 倫理的に嫌なこと、間違っていると感じることも断れない
  • 業者扱いされる
  • 下に見られる
  • 誰がやっても同じ

これでは自分の仕事に価値を見出すことは難しいですし、
誇りを持つことなんてできません。

 

独立後は、自分の仕事にそれなりに誇りを持てています。

会社員時代に比べればそこそこ潤いましたし、
嫌な仕事は断れますし、
業者扱いされることもなくなりました。

下に見られるどころかリスペクトを送っていただけることもありますし、
独自の色を出して対応しているつもりです。

 

もちろん自分の仕事に誇りをもって勤めている方もたくさんいらっしゃると思いますが。
それが難しい方は、独立することで誇りを持てるようになるかもしれません。

先日「独立によるメンタルの安定」について記事にしましたが、誇りを持てているというのも関係しているかもしれません。



豆腐メンタルの処世術としての独立|30歳・男性・フリーランスのストレス対処法


[編集後記]

昨日は、資料作成や年末調整の準備を中心に。
マイナンバー関係も復習しなければ。

娘に早朝、「ポニョのパズルいっしょにやろ~」とたたき起こされました。
仕事終わって帰ってきてから、ということで許してもらいましたが。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。