ノートパソコンでトリプルディスプレイ(3画面)にした方法とメリットを書いてく




仕事用のノートPCを買ったので、家で昔使ってたモニターを引っ張り出してきてトリプルディスプレイにしてみました。

メリットや注意点など、感じたことを書いてみます。

トリプルディスプレイにする方法

2画面にするだけなら、ノートPCでも簡単なんですよね。端子に突っ込めばいいだけなので。。。

(コレは今回3画面にしたPCではありません)

左がVGA、右がHDMIです。モニターの端子に合うものを突っ込めばいいだけです。

端子が合わない場合、こういう変換ケーブルなるものもあります。

ですが、基本的に外部出力は1つのみらしいです。経験上もHDMIとVGAの同時出力はできませんでした。

 

そこで色々調べた結果、USB経由ならいけるんじゃ?と思って今回試してみたわけです。

 

そもそもボクが今回買ったノートPCにはHDMIやVGAの端子がないため、グラフィックアダプターを使用しました。

実際に使用したのは下の二つです。

いくつかのグラフィックアダプタについてAmazonのレビューを読んだところ、Windows10だと使えないモノが多いみたいです。

実際上の物は最初エラーが出ました…2,3回挿しなおしたら普通に使えるようになりましたが。。。

右のほうは最初から問題なく使えました。VGA、HDMIが両方ついていますし(同時出力は不可。なので上のモノも購入しました)、USB3.0も2つ付いています。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

これらをそれぞれノートPCのUSBポートに挿し、モニターを繋げたら無事トリプルディスプレイにできました。

 

(どちらもUSB-TypeCなので注意してください。USB3.0ならこんなのもあります↓)



メリット

当然ですが作業領域が増えるわけなので、効率は上がります。

ですが、1画面→2画面ほどの劇的な変化ではありません。

1画面が30点→2画面が80点→3画面が100点くらいのイメージです。

マルチディスプレイにしていて「もう1画面あったら…」と感じたことがある方なら、試す価値はあります。

注意点

やってみた感想としては…ノートPC以外の2台のモニタのサイズ・高さを合わせたほうがいいです。

要は同じワイドモニターを2台使ったほうがいいと思います。

この画像を見ていただければわかる通り、真ん中と右のモニターの大きさがバラバラです。(モニターがショボすぎるって突っ込みはナシで…)

しかも真ん中がスクエア型で右がワイド…。その上解像度も合っていません。

しばらく使っていると、それぞれのモニターへ目線を切り替えたときに何とも言えない違和感があり、目が凄く疲れてきました。。。

マルチディスプレイをする際は同じモニターを2台使うべき、とよく言われますが、身をもって理解しました。。。首・肩凝りの原因になるともよく言われますしね…。

ートPCに関しては、スタンドを使うしかなさそうです。直置きよりはだいぶマシでした。


ボクはこれを使ってます。

 

しばらくはこれ環境で頑張っていきますが、早く大きいワイドモニタを買えるように頑張ろうと思います笑

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。