pdfの編集・書き込みには「PDF-XChange Viewer」がオススメ




pdfファイルを編集(特に書き込みなど)するフリーソフトなら、PDF-XChange Viewerがオススメです。

ここからダウンロードできます。

ページの抽出・切り抜きなどの機能を備える有料版もありますが、基本的な編集ならフリーでじゅうぶんです。

軽いのでリーダーとしてもボクはデフォルトに設定しています。egdeの使い勝手が今のところはあまりよくないので。。。

こんな編集ができる

以下は税理士会の研修の資料なのですが、

このようなまっさらなデータに、

アンダーライン、マーカー、書き込み、図形や注釈テキストの挿入などが可能です。

距離測定ツールを使えば、スキャンした公図などの図面データの距離を測ることができます。

不整形地を評価する際に、想定整形地を書くことも可能です。

詳しくはこの記事が参考になります。

設定方法

まずは、ツールバーに必要なものを表示させます。

ボクは全てを表示させていますが、リンクエディタと測定ツールバーに関しては不要な方も多いでしょう。

これでツールバーにアイコンが表示され、手早く編集を行うことができます。

 

編集したものを印刷結果にも反映させたい場合は、印刷画面で上記のように設定してみて下さい。

印刷オプションの印刷対象を「ドキュメントとマークアップ」にし、詳細をクリック→コメントとポップアップを印刷するにチェックを入れます。

 

編集の仕方

実際の編集の仕方を説明していきます。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】



 

このようなアンダーラインやハイライトを入れるには、

ツールバーのこの部分をクリックし、該当部分のテキストをマウスで選択すればOKです。

ここで色やスタイルを変えることもできます。

 

 

このようなコメントを入れるには、左上にある吹き出しマーク(コメントツール)を使います。

iPhoneで見るとコメントが別画面になってしまったり、windows10のデフォルトpdfリーダーであるedgeだと表示されなかったりします。

不便に感じる方は、下記のタイプライターツールを使ってみて下さい。

 

タイプライターツールを使うと、テキストボックスを生成できます。

上記のような矢印付きのモノもあれば、普通のテキストボックスもあります。

既に文字が書かれているところに上書きする場合や、資料の補足、書類の書き方の説明などに使えます。

 

 

図形ツールもなかなか便利です。

入れたい形の図形をクリックすれば直観的に形を変えて挿入できます。

 

 

ツールバーの鉛筆マークのアイコンをクリックすると、こんな感じでマウスで書くこともできます。

 

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。