紙の本とKindle(電子書籍)の使い分けとメリット・デメリット、僕なりの結論




読書は主にKindleでしていますが、なんやかんやで紙の本を買うことも多いです。

Kindle(電子書籍)と紙の本の使い分け

Kindleか、紙の本か。

あれこれ試しましたが、「基本はKindle、Kindle版がなければ紙の本」というスタンスに落ち着いています。

 

ただし、専門家向けの会計・税金の本は、紙の本を買っています(これもそもそもKindle版がないものがほとんどですが)。

分厚い勉強用&仕事用の本は、紙の本のほうが便利です。

ガンガン書き込めますし、辞書的に使う際にパッと目当てのページを開けますし。

あと、その手の本って何度も通読して「このあたりにはこういう項目があって、内容はこんなことが書かれている」と頭の中にイメージできるようになることが大切だと思っていて、

これには、ページをめくる感覚、「だいたいこのあたりのページ」という感覚などが残る、紙の本が良い気がしています。

 

それ以外の本は全てKindle版を優先して買っています。

Amazon(アマゾン)Kindle キンドル 電子書籍リーダー(第8世代[2016年発売]/Wi-Fi/4GB/ブラック/キャンペーン情報つき)

Kindleの最大のメリット、読書メモのラクさ

Kindleを使うと、読書メモがラクです。

気になる箇所をタップしてマーカーを引いておけば、その部分がそのまま読書メモとして残ります。

読書メモはKindle端末上で確認するのはもちろん、[KindleCloudReader]の[メモとハイライト]機能でも見ることができます。

僕は[メモとハイライト]を[Evernote Web Clipper]でEvernoteに保存→編集して、読書メモを残しています。


-----スポンサードリンク-----

 

紙の本の場合は、iPhoneの音声認識を使って読書メモを残しています。

iPhoneの音声認識の精度がスゴイとはいえ、タップ→コピペだけで済むKindleと違って、読み上げなきゃいけないのは手間ですし、場所も限られます。


-----スポンサードリンク-----

Kindleのデメリット(と思われているもの)

売れない

売ってもせいぜい10円~数百円。

Kindle版は紙の本より安く価格設定されているので、その分で補えると思っています。

売る手間も結構面倒ですし。

目が疲れる

電子書籍をスマホやタブレットで読めば目が疲れますが、電子書籍リーダーだと疲れません。

電子書籍リーダーは自ら発光せずに、紙と同じように自然光で読むためです。

紙の質感が…使い勝手が…実体がないと…

全部気のせい&慣れだと思っています。

まとめ

使い分けとしては、

勉強用・仕事用の分厚い本は、書き込んだりパッと開いたりでき、記憶に残りやすい紙の本。

その他の本は全てKindle版を買う、程度です。

基本はKindle版を買う→Kindle版がなければ、仕方なく紙の本を購入→読んだら売る、という感じです。

Kindle、使い勝手が良くてとても便利です。参考にしてみていただければ。

Amazon(アマゾン)Kindle キンドル 電子書籍リーダー(第8世代[2016年発売]/Wi-Fi/4GB/ブラック/キャンペーン情報つき)

[編集後記]

昨日は、確定申告を3件。

もうすぐ30歳ということで、生命保険やらなんやらの加入手続きを進めています。
面倒臭いですが、あれこれ不安を感じるよりはとっとと入ったほうがマシかな…と。

サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】
この記事を書いた人 入野 拓実
独立4年目の31歳。自称「とっつきやすい系税理士」
中小企業やフリーランスの税務顧問、相続税申告のほかに、
自力申告・独立支援・法人化などのコンサルティング業務を行っています。
各種セミナー、執筆実績多数。
1989.3.6生まれ。妻・娘と3人暮らし。
スーツよりセットアップ派。
twitter instagram

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。



記事をシェアしてください!