上場企業のわかりやすいIRに学ぶ、中小企業の経理の資料作成




画像引用元:株式会社サイバーエージェントIRライブラリ

経理・財務の仕事は、専門用語や細かい数字のオンパレードです。
それらを専門的な知識を持たない方に対して説明するためには、わかりやすい資料を作る必要があります。

決まったフォーマットや、専用ソフトで自動的に作成される資料も悪くはないのですが、

  • 受け手のレベルに合っていない
  • 求められている情報が載っていない

ということにもなりがちです。

とはいえ、自分で資料を作成するのは難しいし、特に僕は美的センスがありません。
なので、わかりやすい資料を作るために、上場企業のIR資料を参考にしています。

色んな会社の決算説明資料を見てみる

IR資料の中でも「決算説明資料」が特に参考になります。
図や色使いなど、各企業によって特色があって、面白いです。

IR資料がわかりやすいことで評判のサイバーエージェント、コロプラに加え、僕が個人的に気に入ってるコメダ珈琲の3社を見てみます。

B/Sを見せる

まずは、最も重要なバランスシート。
サイバーエージェント、コロプラ、コメダの順で並べてみました。

どの会社もこざっぱりと見やすい表です。
3社の共通点は、

  • 流動・固定・資産・負債という4区分でざっくり見せる
  • 重要な項目(現預金など)は内訳表示
  • 前期比較、増減

という点です。
サイバーエージェントとコロプラの推移の見せ方、コメダのキャッシュフロー計算書も参考になります。

P/Lを見せる

次は損益計算書。

やはり、重要な数字のみを絞って見せています。

グラフを見せる

決算書をざっくりと見せた後は、その内容がグラフで説明されています。

サイバーエージェントの販管費のグラフ。
直感的に増減が把握できます。

 

コロプラの売上高&営業利益の推移グラフ。
販管費の内訳データなどと併せて読んでみると、おもしろいです。


-----スポンサードリンク-----

-----スポンサードリンク-----

コメダの営業利益の増減原因グラフ。

決算短信を見てみる

決算説明資料だけでなく、決算単身も参考になります。
(決算短信はどこの会社も基本的に同じ形式です)

B/S、P/L、キャッシュフローの主な情報がシンプルにまとまっていることがわかります。

中小企業だとこれでも情報が多すぎるかなーという気もしますし、文字だらけで味気ない印象もあります。
料理のしがいがある部分です。

決算短信引用元:株式会社サイバーエージェントIRライブラリ

中小企業向けにアレンジして実践してみる

こうして眺めてだけでも、色々学ぶところがあります。

「何が重要な数字なのか」がわかりますし、同時に「何がいらないのか」もわかります。
シンプルな決算書やグラフで全体像を見せる → 詳細を説明する、という手法もすぐに使えます。

ただ、IR情報は、投資家向けかつ万人向けに作られています。
経理の現場で使うには、経営陣(主に社長)の理解度に合わせてアレンジしていく必要があります。

例えば、

  • 用語解説を入れる
  • もっとわかりやすい言葉に置き換える(YonY→前年同期比、1Q→4-6月)
  • 百万円単位→千円単位(場合によっては万単位、億単位)
  • 良い部分だけでなく悪い部分に注目する

など。

そして、資料はあくまで参考用という意識も大切だと思っています。
メインはあくまで言葉(文字)での説明ですから、それを磨くことが大切です。
社長とコミュニケーションを取って、求められている情報を常に把握しておく必要もあります。

ちなみに、IRグッドビジュアル賞というのもあります。
気になる方はググってみていただければ。

引用元:株式会社サイバーエージェントIRライブラリ
引用元:株式会社コロプラIRライブラリ
引用元:株式会社コメダホールディングスIRライブラリ


[編集後記]

昨日は、事務所にこもりっきり。

帰宅が遅れると(といっても18時くらいですが)、妻と娘はもうご飯を食べ終わっていて、一人で食べることになります。
そうなると、娘が寄ってきて「ちょーだい、ちょーだい」と、延々と…。
食べる時間が倍になります。可愛いから良いですけど。

サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】
この記事を書いた人 入野 拓実
独立4年目の31歳。自称「とっつきやすい系税理士」
中小企業やフリーランスの税務顧問、相続税申告のほかに、
自力申告・独立支援・法人化などのコンサルティング業務を行っています。
各種セミナー、執筆実績多数。
1989.3.6生まれ。妻・娘と3人暮らし。
スーツよりセットアップ派。
twitter instagram

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。



記事をシェアしてください!