「字は人柄を表す?くだらねー」と思ってたけど「人に読ませる気がない字を書いてはいけない」と気づいたときの話。




僕はかなりの悪筆ですが、手書きをするときには、「最低限相手が不快にならない文字」を書くように心がけています。

娘の手書きの文字

先月の誕生日で31歳になったのですが、娘からこの手書きの紙をプレゼントでもらいました。

娘は、まだ平仮名を書くことにはそれほど慣れていないのですが、一生懸命書いたのが伝わってグッときます。

よくみると妻に鉛筆で下書きをしてもらった形跡もあり、「娘なりに丁寧に書いたんだな」ということがよくわかります。

めちゃくちゃ悪筆だけど、最低限丁寧な字を書くようにしている

僕はかなりの悪筆で、下手をすると娘よりも字が汚いです。本のメモ書きをお客様に見られて「せんせー、めっちゃ達筆ですねwww」とネタにされるくらいには。

これは最近発掘した、受験生時代(科目は相続税法)のメモ書きです。

「自己株」「特定の評価会社」「会社法」など、キーワードはなんとか読み取れますが、9割以上読み取れません…。

 

今PCで「自分の名前」と「よろしくお願いします」と手書きしてみました。

左は自分用のメモ書きの字、右は人に読まれることを想定して書いているときの字で、できる限りていねいに書いています。


-----スポンサードリンク-----
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

悪筆なこと自体はもうあきらめていますが、「人に読まれるときには最低限丁寧に書く」ことをマイルールにしています。きれいな字でもなく、娘の字のようにグッとくる字でもなく、「読んだ人を不快にさせなければOK」という意識です。

「ていねいに書いてこれかよ」「右でも不愉快だわ」という声が聞こえてきそうですが…。

字は人柄を表す?字には人柄が出る?

「字には人柄が出る」「字は体を表す」という言葉があります。

悪筆な僕は、もちろんこの言葉が大嫌いでした。「クソくだらねえ」「しょうもない」くらいに思っていたくらいです。

 

…ですが今は、ちょっと当たっているかなと思うようになりました。というのも、字が綺麗=心が綺麗、とは言い切れませんが、少なくとも「人に読ませる気がない字を書く」のはマジでダメだと思うのです。

 

勤務時代、解読不能な字を書いてくるお客様がいました。先ほどの僕の受験生時代のメモ書きよりもう少しひどい字をイメージしてください。


-----スポンサードリンク-----

そういう字を出してこられると、ぶっちゃけ見ただけで「馬鹿にされてるのかな…」とテンション下がりましたし、それが現金出納帳やメモだったりすると、文字や数字を識別できず仕事にならないわけです。

 

そして、そういうタイプの方は得てして他の面でもルーズで、なかなか仕事がうまくいきません。

その時僕は「字には人柄が出るのかもしれない」「少なくとも、人に読ませる気のない字を書いてはいけない」と思うようになりました。正直僕自身、昔は人に読ませる気のない字を書いていたのですが、それ以来改めています。

 

今のお客様にはそういった方はいらっしゃいませんし、僕自身はそもそも手書きをせずに済むように仕事をしていますが…。

 

「人に読ませる気がない字を書く」ということは、「あなたを軽く見ています」「私は気遣いができません」と言っているのと同じだと思うのです。

字が汚いのは仕方ありませんし、自分向けの字は好きにすればいいのですが、人に読ませる字は「最低限読める」「不快にさせない」レベルを保っていこうと思っています。

(税理士試験の場合はあまり気にしない方がいいですが)

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。