カフェで一人で仕事した場合のカフェ代は経費になるの?




家で仕事をしていると、ちょっと気分が乗らない日もありますよね。

そういう場合に、いつも仕事をしている場所ではなく、カフェに行ってみると、気分が変わって仕事も捗ったりするものです。

ノマドワーカーの方も増えましたよね~。

ノートPCで仕事をされている方、どこのカフェでも必ず数人いらっしゃいます。

さて、そういう場合の「一人カフェ代」が経費になるのかならないのか、について書いてみます。

 

仕事をしていれば当然経費になる

経費になるのかならないのか。

それを判断するには、「その支出が、収入(売上)を得るために必要なのか」を考えてみましょう。

収入に繋がる(繋がる可能性がある)なら経費ですし、そうでなければ経費ではありません。

難しく考える必要はなく、収入を得る=仕事なわけですから、カフェで仕事をしていれば基本的には問題ないわけです。

 

具体例としては、一人でカフェに行き、

  • ノートPCで作業をした
  • 仕事に必要な勉強をした
  • アイディアを練った

これらは収入を得るために必要、要は仕事をしているわけなので、立派な経費です。

そりゃ家でやればお金はかかりませんが、気分変えるためにカフェ行くだけで捗るんだから、仕事に必要です。。

 

気を付けて頂きたいのは、この場合のカフェ代は、飲食代ではなく場所代という性格のものだということ。

コーヒー1杯で1時間程度の作業場所を借りている、みたいなイメージです。

なので、食事代や、あまりに高いお店はマズいでしょうね。



自分一人での食事代は、経費ではなく生活費ですし。

経費として入れるのは、あくまでも場所代として払ったドリンク代だけにしましょう。

 

仕事をしていないなら当然入れない

当然、仕事をしなかった場合は経費にはなりません。

家族での食事や、単なる休憩でのカフェ代は経費に入れないようにしましょう。

 

僕の場合だと、次のようなケースは経費に入れていません。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

  • カフェに来たものの、やる気が起きなくてずっとスマホをいじってた
  • 仕事にあまり関係ない勉強や読書をした
  • コーヒーおかわりしたけど、2杯目からはサボってしまったときの2杯目の料金

 

このあたりが曖昧になってしまうと、どんどん仕事とプライベートの境目がなくなっていきます。

カフェ代のような小さな出費だけでなく、大きな出費についても「まぁいっか」で済ませるようになりがちです。

税金上の問題だけではなく、正しい経理ができない=自分の儲けや事業の状態がわからない、というデメリットに繋がります。

仕事上の経費と、プライベートの生活費をきっちり分けておきましょう。

 

支払手段を分けておけばごちゃごちゃしないで済む

僕は、仕事とプライベートの支出がごちゃごちゃになるのが嫌なので、

  • 仕事として経費で落とす場合は、仕事用のクレジットカード or Suica
  • プライベートの場合は、家庭用のクレジットカード or 現金払い

このように支払手段を分けています。

 

仕事上のモノは専用のカードを作っておくと、経理上も楽ですしね。クレジットカードが使えないお店には基本的に行きません。

経費を現金で払ってしまうと、経理が面倒なんですよね。。印紙とかはカードが使えないので仕方ないのですが。。

 

あと、プライベートのモノはレシートも取っておきません。受け取らないorその場で捨てています。

レシートが財布にたまりまくっていたり、カード明細をみて「これなんだっけ…」となってしまう方にはオススメです。

家庭用のクレカを忘れた場合など、「プライベートのモノだけど、仕事用カードで払ってしまった」際には、逆にレシートを取っておきます。

経理のチェック段階で「あぁ、そういえばこれは経費じゃなかったな」と気づくことができるからです。

 

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。