中古資産を購入して節税?4年落ちベンツが節税に効果的な理由




固定資産の購入に際し新品or中古で迷ったら、節税効果が高い中古を選ぶのも手です。

 

中古資産の節税効果

固定資産は「減価償却」というルールに従い、その資産の耐用年数ごとに何年かに分けて費用化していきます。

中古の固定資産は、新品に比べ耐用年数が短い=早く費用にすることができます。

何年で償却するかの違いであって、トータルで減価償却する金額は変わらないのですが、やはり早期に費用化できるメリットは大きいです。

設備投資に充てたお金を早期に費用化(利益を抑える)→節税により回収し、資金繰りを良くする効果があるからです。

4年落ちベンツの意味

ベンツに限らず、4年落ちの中古車は1年で償却することができます。

購入した年に全額費用にすることができるため、節税効果が高いのです。

同じ500万の車を新車・4年落ち中古で購入した場合を比較すると、

 

  • 新車 減価償却費1,665,000円
  • 中古 減価償却費5,000,000円

 

利益が3,335,000円変わってきます。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

税額への影響としては、法人税の実効税率が約30%なので、概算で3,335,000×30%=1,000,500円の差が出ます。

 

 

「4ドアじゃないと」みたいな噂もあるみたいですが、関係ないです。事業で使っているならOK。

4年落ちの車を1期で全額償却するには、3月決算法人の場合は4月に購入(要は期首月)する必要があります。

決算直前に慌てて購入しても節税効果は薄くなります(3月に購入したら1/12の効果)し、そもそも利益があまり出ていない場合も同様です。

事前シミュレーションが重要になります。

そもそも論

「本当は新品が欲しいけど節税効果があると聞いたから」という理由で中古を選択するのはオススメしません。

そもそも設備投資をするのは、節税のためではなく、生産性を高めるためだからです。



本来の目的を見失って、変な買い物をしてしまったら本末転倒です。

迷ったら中古、こだわりがなければ中古、新品である必要性がなければ中古、くらいのスタンスをオススメします。

 

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。