皆が遊んでる時に働き・勉強し、皆が働いてる時に遊ぶ。GW、何かやってみようぜ。




人が遊んでいるときに頑張り、人が頑張っている時に遊ぶのもいいかもしれません。

世間とサイクルをズラす意識

今をときめくラッパー、呂布カルマの楽曲、「夜行性の夢」。

恐ろしいほどかっこいい曲です。

そういえば、もう何年も夜に外で遊ぶなんてしていません。
ただ、世間の大多数とサイクルをずらす、ということは意識的にやっています。

世間のサイクルとずらすと、ラク

例えば、平日に遊ぶこと。

平日に遊びに出れば、空いているし、いつもと景色が違って見えて新しい発見があるし、謎の優越感があるし、ちょっとした非日常体験です。
泊まりディズニーの予定も、平日でしたし。ノロでキャンセルになりましたが…。

家族旅行を体調不良でキャンセル…ショック。悲しい気持ちから立ち直るには

最近、忙しいし(言いたくない…)、娘も幼稚園が始まったので、機会が減っていますが。
仕事を落ち着かせたら、また適当に平日休みを作ろうかなと考えています。

 

そういえば、独立してから電車に乗る時間も変わりました。
クライアント先に伺う際、行きの電車は9時半以後、帰りの電車は16時までの範囲で時間設定しています。
ラッシュとはズレるので、座って読書できます。

 

休日に学んだり、働いたりもします。
休日や連休は、どこ行っても混んでますし、高いですし、サービス業の方が大変そうですし。
先週の日曜日、アンパンマンミュージアムに行ったら、混み方に驚きました。前回平日に行った時と全然違う…。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

休日は、まとまった時間を確保できるので、何かを勉強したり、新しい仕事にチャレンジしたり、セミナーに参加したり、といったことがしやすいです。
一般的にも、GW中はオフィスに人がいないし電話や来客もないから仕事が捗る、なんて話もありますよね。

 

そういえば、税理士試験を受験していた頃は、人が休み・遊んでいる間にずっと勉強していた覚えがあります。

  • 始業前
  • 昼休み
  • 移動時間
  • 土日祝日
  • お盆
  • クリスマス
  • 年末年始

そして、GWも。税理士受験生は皆同じですが。



受験が終わってから、連休や年末年始に普通に休める喜びを嚙みしめていました。
しかし、それも最初の頃だけで、今では物足りなさを感じるようになりました。

「なんかやりたいな」「これでいいんかな」と。
人間ってどこまで行ってもないものねだりです。だから楽しいんでしょうけど。

未来のために、GWに何ができるか

GWは、「人が遊んでいる時に頑張る」最大のチャンスではないでしょうか。
それも、「目先のタスクを前倒しでやる」のではなく、「未来に繋がることを試してみる」のが良い気がします。

試験勉強も、未来に繋がることでしたし。

(税理士受験生の方は、GWでひととおり総復習し、苦手項目を見つける→克服できると、合格へグッと近づくはずです。理論はABランクを死ぬ気で回す感じで)

 

僕も、5月申告を前倒しで…というよりは、新しい仕事の準備や、興味がある分野の勉強をしてみます。
GWの予定は、4/29に単発コンサルティング、5/2に法事がある以外は、フリーなので。

受験時代と違って、休みつつ、適度に、ですが。


[編集後記]

昨日は、10-16時まで税理士会の研修を受講。その後、クライアントの月次データまとめを。

娘とお風呂に入ると、背中を洗ってくれます。
足りない部分を自分で洗いなおすと怒られますが。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。