データ・数字を分析に活かすためには、物語・背景・感情に寄り添う




数字・データを扱う際には、机上の空論にならないように気を付けています。

会社の数字やデータ分析をする仕事

税理士として仕事をしていると、日常的に会社の様々な数字・データを目にします。

例えば、会計データ(帳簿)のチェックをしているだけでも、それなりに気づきはあるものです。
そうした数字・データから感じたこと、分析してわかったことをクライアントに伝えるのも仕事です。

ただし、「数字・データだけをみてわかった気にならない」ように気を付けています。
数字・データが持つバックグラウンドやストーリーを考えないと、それらを活かすことはできないからです。

数字の裏にあるストーリーとバックグラウンドを考える

最近、「ファクトフルネス」という本を読みました。

「10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣」というサブタイトルの通り、
思い込みを正してフラットにデータを見るための考え方が書いてある本です。

この本の中で響いたフレーズが、次の2つです。

それぞれの物語の裏にある数字を見ようとすることは大切だ。
でもそれと同じくらい、数字の裏にある物語を見ようとすることも大切だ。
数字がなければ、世界は理解できない。でも、数字だけでは世界はわからない。

 

「数字は嘘を付かない」とよく言いますし、僕もそう思っていました。
ですが最近は、「数字だけを見ていると間違う」と思うようになりました。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

例えば、「売上が前年に比べて20%減少した」というデータを見ただけで、ネガティヴな捉え方をするのは早計です。

売上が落ちたとしても、

  • 利益は増えている
  • 一時的なものに過ぎない
  • 時間は増えている
  • 生活の質が向上した
  • (感情的に)満足している
  • 人生を楽しめている

といったことはあり得るからです。

プライベートの時間や仕込みの時間を増やしたり、ワークライフバランスを高めたり、精神的に充足していたりすれば、
その売上の減少は戦略的なものだったと言えるでしょう。

時間・生活・感情といった、直接的には数字に表れない部分、
つまり「数字の裏にあるストーリー、バックグラウンド」を考えていくことも大切です。

モニターではなく、人と向き合う仕事

そこまで考えてこそ、クライアントの生活や感情、そして人生に寄り添った仕事ができるのではないでしょうか。



モニターの外に視野を向けることも時には大切かなと。
数字・データを扱う際は、「モニターではなく、人と向き合う」ことを意識したいものです。

(この記事を書くキッカケとなったファクトフルネス、読み物としても面白い本です)


[編集後記]

昨日は、営業について(Google広告とか)ひとしきり考えた後は、オフ。
娘と公園に行きました。かなりの暑さでした…。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。