経費精算するには、領収書ではなくレシートで大丈夫な理由




経費にするには、領収書を貰う必要はなく、レシートで構いません。

経費にするには、領収書じゃなくてレシートでいい

モノを買って経費にするには、証拠が必要になります。
その証拠となる代表的なものが、レシートや領収書。

なんとなく「領収書」のほうが正式な書類っぽいイメージなのか、
「領収書を貰うべき」「レシートじゃ経費にできない」と思われている方が多い印象です。

しかし実際は、レシートでも経費にできます。
むしろ、証拠能力の高さや時短を考えると、レシートにすべきです。

レシートのほうが、証拠能力が高い。法律上も問題ない。

意外に思われるかもしれませんが、証拠能力の高さは「レシート>領収書」です。
税理士としては、レシートのほうがありがたいくらいです。

税務上、経費にするための「証拠」とは、次の4点がわかるものをいいます。

  • 日付
  • 金額
  • お店の名称
  • 買ったモノの内容

通常のレシートであれば、この4点はきっちり記載されているでしょう。
そして、「領収書にしなさい。レシートはダメ。」と書かれている条文は存在しません。

一方領収書だと、
「品代」とだけ書かれていて内容がわからないことも多いですし、
そもそも手書きの時点で、自動で出てくるレシートより信ぴょう性は劣ります。

証拠能力という点で、領収書よりレシートのほうが優れているのです。

厳密に言うと証拠書類の要件には「書類を受け取る側の名前」も必要とされています。レシートには通常、お店の名前は記載されていますが、「受け取る側の名前」は記載されていません。
ただし、小売、飲食、交通、駐車場などの場合は「受け取る側の名前」の記載が免除されています。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

結論として、通常の経費精算であれば、レシートで何ら問題ない、ということです。

時短になる

領収書を貰うのは面倒です。

「領収書ください」
「宛名はどうしますか」
「入野です。入るっていう字に、野原の野で…」

というやり取りは時間の無駄なので、レシートで済ませましょう。

字が汚いと数字が読みにくく、入力にも時間がかかりますし。



まとめ

領収書を貰う必要はなく、レシートでじゅうぶんです。

クレジットカードや電子マネーの場合も、利用明細と併せてレシートを取っておきましょう。

レシートについては、以下のような記事も書いています。

レシート・領収書の楽な整理・貼り方・保管方法(中小企業・個人事業主向け)

プライベートと経費が混じったレシートの処理方法・仕訳

領収書(レシート)がない場合の経費は、Excelか伝票に記録しておく

確定申告のために1年分のレシートをまとめて入力していても、お金と数字のセンスは磨かれない


[編集後記]

昨日は、クライアントとの月次打ち合わせ。
いつも楽しいお話をしていただけます。

娘は夏休み。体力を持て余している感じがします。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。