3歳10ヵ月の子供と映画館でアナ雪2を見てきたレポ。注意点・良かった点など




娘と映画館でアナ雪2をみてきた雑感をレポしてみます。

3歳と映画館に行く不安・ハードル

子ども(幼児)と映画館に行けるかどうか。

  • まだ早いのでは
  • 静かにできるか
  • 迷惑にならないか
  • 暗さ・音量で怖がらないか

など、不安は多いものです。

 

「アンパンマン」や「プリキュア」など、子ども向けの作品であれば、子どもたちばかりなので気を使わないでしょう。

大人向けの作品であっても、TOHOシネマズの「ママズクラブシアター」やユナイテッドシネマの「抱っこdeシネマ」であれば、喋ったり泣いたりはお互い様であり、気を使わなくてすみます。

 

ただし、今回のお目当ては「アナと雪の女王2」。子ども向け…というわけではなく大人も見る作品です。

加えて、ママズクラブシアターとは日程が合いませんでした。基本的に平日開催なので、娘は幼稚園、僕は仕事です。

そういったこともあって、「大丈夫かな…」と多少不安を感じつつの映画鑑賞になりました。

問題なく楽しめた「アナ雪2」

結果的には、騒ぐことも泣くこともなく・娘も最後まで楽しんでくれ、不安は杞憂に終わりました。

CMと予告が長すぎて、始まる前にダレかけてちょっと焦りましたが、始まってからは集中していました。
(20分くらいあったかと…こんなに長いもんでしたっけ)

大好きな「アナ雪」ということもあり、夢中になって観てくれていた印象です。興味ない作品だとこうはいかなかったかもしれません。

 

席も5割弱程度の埋まりでしたし、子連れも多かったので、そこまで気を使う雰囲気ではなかったのも大きいです。

 

映画の後、屋上の遊具で遊びたおすくらいには機嫌が良かった娘。

色々不安でしたが、連れていってよかったです。

注意点・よかったこと・失敗したこと

子どもと映画館に行く際には、以下のような点を気を付けると気楽かもしれません。



公開直後ではなかった

まず、公開してから1週間以上経ってから行ったのが正解でした。ほどよく空いていたので。
(都内だとこうもいかないかもですが…)


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

仮に満席で混雑していたら、もっと気を使ったでしょうし、娘にプレッシャーもかかったでしょう。

朝の時間帯に行く

次に、「一番早い時間帯」を選んだのも良かったと思います。混雑以上に、子どもの機嫌的な意味合いで。

子どもは眠くなったり疲れたりすると機嫌が悪くなりますので、フレッシュな早めの時間帯に行ったほうが無難だと感じました。
(特にうちの娘の場合、昼寝しないと夕方ごろめちゃくちゃ機嫌悪くなるので)

ポップコーン

静かにしてくれたのは、ポップコーンのおかげもあるかもしれません。

結構なサイズのポップコーンですが、映画が終わるころには空になってました…。

さすがにその後のお昼ご飯はあまり食べませんでしたが、まぁ仕方ない&たまにはいいかなと。

子供用のシート

「子供用のシート」が借りられるのであれば、借りたほうがいいです。

しっかり座れるので前の座席を蹴る心配がなくなりますし、子どもにもストレスがかかりません。

トイレ

失敗した点としては、上映開始までの空き時間でカフェに行ったこと。

1時間ほど早くついてしまったので、時間を潰すためにスタバでお茶したのですが、これが余計でした。

娘は上映中に2回トイレへ…。
本人は気にしていなかったので良かったですが。

同じく、上映中のドリンクにも注意でしょうね。

席は通路近く

機嫌が悪くなった時、トイレの時にサッと退席できるように、通路近くの席を選びました。

そのおかげで2回のトイレも周りに迷惑をかけずに行けたので良かったです。


[編集後記]

先週金曜日は、顧問のご依頼を頂いた方と初回面談。
珍しいビジネス&同じくひとりでやるということで、楽しみです。

土曜日はオフ。娘、妻とアナ雪。
日曜日はジムの後、ちょっとだけ仕事しました。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。