相手にわかる言葉で話すようにしているのは、「これ打ち出しといて」と言われて意味がわからなかったから。




相手によって使う言葉を変えています。

「これ、打ち出しといて」

税理士事務所に勤めだしたばかりのころ、上司に「これ、打ち出しといて」と言われたことがあります。

僕は「打ち出す」という言葉の意味が分かりませんでした。

 

少し考えても答えが出なかったので、隣の席の先輩に「打ち出すって、どうやるんですか?」と聞くと、

その先輩も驚いた顔で「そんなことも知らないの!?」と。

 

「もしかしてめっちゃ恥ずかしいこと聞いてしまったのかな」と思って少し落ち込みかけたのですが、

先輩に呆れながら「CtrlキーとPキーを同時に押してごらん」と言われ、ズッコケました。

 

どうやら「打ち出す」とは、「印刷する」という意味だったようです。

(お前がものを知らなすぎるだけだろ、というご指摘はごもっともです)

相手にわかる言葉で話す

それ以来僕は、

  • 相手に伝わる言葉で話す
  • 自分にとって当たり前のことを知らなくても驚かない、怒らない

ということを意識するようになりました。

言葉は伝わらないと意味がないからです。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

 

特にお客様と接する際は、自分の頭の中をそのままアウトプットしないように気を付けています。
(ブログを書くときもそうです)

会計税務は専門用語のオンパレードですし、言い回しも難しいですから。

そして何より、会計税務を理解することは難しいので、一度の説明で完璧に理解して頂けることは多くありません。



 

だからこそ僕は、

  • 専門用語を一般的な言葉に言い換える
  • 専門用語の意味を伝える
  • 何度同じことを聞かれても怒らない
  • 基本的なことを聞かれても驚かない

といったことを意識しています。

 

大切なのは「お客様にわかる言葉で話す」ということなので、会計への理解が深いお客様の場合は専門用語をガンガン使ってもいいわけです。

自分の専門分野をお客様にどう伝えるか。考えても考えすぎるということはありません。

(ちなみに「打ち出す」というのは昔は一般的な言葉だったようですね)


[編集後記]

昨日は、クライアントと月次打ち合わせ。
毎回お子さんとも会えて楽しいです。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。