フリーランスはSNS(twitter・Instagram・Facebook)で営業・集客できるか




フリーランスはSNSを一通りやっておいて損はない、と考えています。

SNSで集客・営業?

SNSが仕事に繋がるかどうか。

「来るわけねーじゃん」と思う方もいれば、
「SNS中心に集客してるよ」という方もいるでしょう。

 

僕の場合は、広告を出すわけでも、ガンガンDMで声を掛けるわけでもなく、
「ゆる~くpostして、ワンチャン仕事に繋がればいいよね」くらいのスタンスです。

そんなゆる~いスタンスでも、
SNSがキッカケで問い合わせを頂いたり、実際にお仕事に繋がったことは何回かあります。

SNSが仕事に繋がった事例

SNSキッカケでお問い合わせを頂いたり、実際にお仕事になった事例を挙げてみます。

Twitter

僕はTwitterでブログの更新情報を投稿しているのですが、
それがキッカケで雑誌記事の執筆依頼を頂いたことがあります。

たまたま更新情報のツイートが、編集者の方の目に留まったようです。

関連記事:雑誌「企業実務」9月号にマルチディスプレイ導入について記事を寄稿しました

ブログ執筆→SNS→ブログ記事、という流れもあるんだな、と実感したエピソードです。

 

あと僕のアカウントが、「若い税理士」を探している方の目に留まり、
お問い合わせを頂いたこともあります。

プロフィールに一応「30歳」と書いておいたのが良かったのでしょう。
(30歳は税理士業界では若手になります)

 

あ、あとセミナー告知情報を流してセミナーに来ていただけた方もいました。

Instagram

Instagramでは主にプライベートのゆる~いこと、あまり映えないことをpostしています。

上野動物園に行って、



その翌週にはディズニーランドに行って、みたいな、


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

 

この投稿をInstagramで見る

 

昨日の夜、娘に「行きたい」と言われたので突発的に #バケパリベンジも今年中に #ノロウイルスを許すな

Takumi Irinoさん(@irinotax)がシェアした投稿 –

どうでもいいプライベートを、ライフログとしてゆる~くpostしているだけ…
なのですが。

上野動物園とディズニーランド、共に同日に行っていた方から問い合わせを頂いたことがあります。

 

  • 上野動物園周辺に行ったのでタグ検索→この人も今日行ったんだな→あれ、割と近くの税理士じゃん
  • ディズニーランドに行ったのでタグ検索→あれ、この税理士とまた被ってる…
  • ブログやってるのか。読んでみるか

 

という流れだったそうです。

その方はたまたま税理士を探しているタイミングだったそうで、
Instagramきっかけで知っていただけました。

執筆依頼の時とは逆に、SNS→ブログ→お問い合わせ、という流れでした。

Facebook

Facebookでは、次のような方からお問い合わせを頂いたことがあります。

  • 中学の時の同級生
  • 友人の友人
  • 過去にブログを読んで知っていただいていたフリーランスの方

 

Facebookだけで完結した問い合わせもあれば、
「Facebookで知っていただく→ブログ」というケースもあれば、「ブログ→Facebookメッセンジャー」というケースもありました。

Facebookでは全くpostしていないのですが、意外と声を掛けていただけます。
実際に仕事になったのはブログも読んでいただいた方だけですが。

普通に人付き合いができて友人知人が多い方であれば、Facebookは特に効果的なんでしょうね。
(僕は友達10人もいなかったような…)

ポータルサイト

SNSからちょっと話はズレますが、
会計ソフトの税理士情報ページのようなポータルサイトからお問い合わせを頂いたことも複数あります。

仕事になったことはありませんが。

結論:やっておいて損はない

個人的な結論としては、「主要なSNSはやっておいて損はない」ということです。

お金払ってガンガン広告を打つわけでもなし、
意識高いことをpostするでもなし、
有益な情報をpostするでもなし、

とりあえず登録して、ゆる~く投稿しているだけでも、声を掛けて頂ける可能性はゼロではありません。

 

ただ、

  • プロフィール情報を充実させておく
  • 顔と名前を出す
  • ブログ等の集客メディアへのリンク、更新情報を載せておく

といったことをしっかりやる、というのは大前提です。

 

「とりあえず知ってもらう」という意識が大切かなと。

営業って、「すぐに」「その人に直接」ということばかりではなく、
「時間が経ってから」「間接的に」効果が出ることも多いので。

意識高いことをガンガン呟くよりも、更新botから気になった時にブログ読んでもらえればいいや、
DMでガンガン声かけるよりも、プライベートを知ってもらって人柄をわかってもらったほうがいいや、

という考えです。キッカケは何でもいいかなぁ、と。
自分から攻めず、待ちのスタンスです。

 

Twitterではブログ更新情報、同業者の方との絡み(たまに)
Instagramはプライベートをゆるく、
という風に分けているのも、それぞれ刺さる層が違うかなぁ、と考えているからです。

現状、影響力ゼロですが…。

影響力ゼロなのに、たまに声を掛けていただけることに関しては、「ラッキー」「たまたま」です。
でも、「ラッキー」「たまたま」を増やすために、
手数を打つことや、お金と時間がかからないことは、キチンとやっています。


[編集後記]

昨日は、5月決算法人の申告を。
ご報告まで一通り済ませました。

娘は今日から夏休み。
妻をヘルプしつつ、なんとか乗り切ります。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。