領収書をスキャンするだけで仕訳化する記帳代行サービス、Streamed(ストリームド)レビュー




記帳代行サービス、Streamedを利用したのでレビューしてみます。

Streamedとは

Streamed(ストリームド)は、記帳代行サービスです。

レシートや請求書などの書類をスキャンしてアップロードすれば、仕訳データにしてくれます。

メジャーな会計ソフトはだいたい対応しています。

 

一応会計事務所がメインターゲットのようですが、一般企業・個人事業主でも利用できます。

外部リンク:Streamed

利用の流れ。スキャン→アップロード→データダウンロード→インポート

Streamedに登録後、ログインするとこんな感じの画面が表示されます。

案内の通り、StreamedにはWeb版、アップローダー、スマホ版の3つがあります。

書類のスキャン&アップロードに関しては、アップローダーを使ったほうがラクです。

外部リンク:Streamedアップローダー

アップローダーを起動すると、こんな感じの画面です。まずは[取り込み]を選択すると、

取り込む書類の種類を選択します。請求書、通帳なども取り込めますが、今回は[領収書]を選択。

勘定科目の設定や、内容・メモ(摘要ですね)に入力する内容を記載します。

今回は、勘定科目は自動判定、内容メモは空白でやってみました。

[スキャン]をクリックすると、スキャナとアップローダーが連動してスキャンが始まります。



Scansnapの場合、ScansnapCloudになっているとアップローダーと連動されません。

タスクバーのScanSnapのアイコンから、ScanSnapCloudのチェックを外しておきます。

一通りスキャンが終わったら、[読み取り終了]をクリック。

スキャンが終わったら、アップロードします。

翌日にはデータ化完了のメールが届きますので、Web版でデータを確認します。

実際のデータはこんな感じです。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

一通り確認したら、[出力]→[出力形式で会計ソフトの選択]→[csvダウンロード]で仕訳データをダウンロードできます。

ダウンロード後、データを会計ソフトにインポートすれば終わりです。

良かった点・注意点・感想

手書きのレシート

問題なく仕訳化されていました。

横向き・上下逆のレシート

あえて何枚か横向きや逆向きにスキャンしてみたのですが、問題なく仕訳化されていました。

個人的出費

あからさまにプライベートのレシートも入れてみたのですが、それも仕訳化されていました。

この辺は自分でレシートを選別する必要があります。当たり前ですが。

エラー

前のレシートのスキャンが終わってないのに次のを挿入しようとすると、こんな感じになります。

そしてエラーに。

文字が薄くなって日付が読み取れないものもエラーになっていました。

速い

15時くらいにスキャンデータをアップロードして、翌日8時台にはデータ化完了のメールが届きました。

は、はやい。。

スキャンにかかる時間

スキャンにかかる時間は、100枚あたり8~9分くらいです。

手入力よりは速いでしょうけど、スキャン後の処理やらがあることを考えると「うーん」って感じです。

摘要は要修正

摘要については、自動的に入力されているのは[支払先]のみ。

 

[内容]については、自分で入力していく必要があります。とはいえ、一度入力すれば次回からは自動化されるようです。

例えばこのレシートの場合、内容に[打ち合わせ代]と入力し[学習]をクリックしておけば、次からはスタバのレシートの摘要は[スターバックス 打ち合わせ代]となります。

今後も使い続けるかどうか

今後も利用するかどうか。

確かに便利なんですけど、個人的にはできる限り利用しない方向性でいけたらいいかな、と考えています。

 

「人を雇わないで一人で仕事をする」っていうスタンスと、「キャパを超えた分はアウトソーシング」っていうのは矛盾している気がして、

キャパの範囲内で戦略を立てることのほうが大切だと思うので。

 

そもそもアウトソーシングにだってそれなりに手間はかかります。

クラウドワークスを使ってみた時もそうでしたが、Streamedだってスキャンやその後の処理でそれなりに時間を取られましたし。

 

あと、アウトソーシングして捌ける仕事の総量が増えても、自分自身のキャパが増えているわけではないよなぁ、と。

アウトソーシングできる仕事=自分じゃなくても良い仕事、と考えると、限られたキャパをそういう仕事に使うのは良くない気がしています。

ただ、大手の事務所にとっては最高のサービスだろうなぁと感じました。

 

記帳できないお客様がいたらスマホ版Streamedを導入してもらって、レシート類を全てスキャンしてもらう、というのはアリかなぁとチラッと考えましたが。

(スマホ版は会計事務所は使用できません。一般企業・フリーランス・税理士から招待された顧問先のみが使用できます)


[編集後記]

昨日は、柏の葉KOILで初回面談。
僕にとって新ジャンルの案件で、面白い話を聞かせて頂きました。
数字や税金に明るい方でもあるので、そういった意味でも面白い仕事になりそうです。

昨日の晩御飯はデパ地下だったのですが、お惣菜屋のRF-1で買った[真いわしとポテトのロースト]というのがめちゃくちゃ美味しく。。
オススメです。リンク貼っておきます

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。