自分の強み・長所を見つけるためにストレングス・ファインダー2.0をやってみた。




自分の5つの強みがわかる「ストレングス・ファインダー」というものをやってみました。

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」

ボクたちの中には「努力して苦手なことを克服する」ことを美徳とする思想が刷り込まれています。

この本では、それを「本来の自分ではなくなる」としています。

その代わりに、自分の強みを理解して活かすことで「本当の自分を大きく飛躍させることができる」とあります。要は同じ努力するなら向いてることやれってことですね。

そのためにストレングスファインダーテストを使って自分の強みを知っておきましょう。

ストレングス・ファインダーテストとは?

strengths=強み。文字通り自分の強みを見つけるためのテストです。

「さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0」

という本に付属しています。

以下の34の資質のうち、自分が持っている上位5つの資質を教えてくれます。

ちなみにボクの結果は次の通り。

その5つの資質についての解説を読むことができます。(書籍にも同様の文章があります)

 

 

ここまでだとネットの無料診断とかでも似たようなのがありそうな感じがしますが…。

ストレングス・ファインダーでは、回答者ごとにカスタマイズされた詳細なレポートや、その資質ごとの行動アイデアを知ることができます。

 

 

同じ「親密性」という資質を持つ人の中でも、ボクがどういう特徴・強みを持っているのかが分析されています。



 

 

各資質ごとに、成功事例に基づいた10個の行動アイデアを知ることができます。

ここまでのレポートをじっくり読んでいるだけでも「うわ~的確すぎる…」と思うことや、「自覚はなかったけど、言われてみたらそうだ」と心当たりがあることなど、様々な発見がありました。

このデータはpdfなので、evernoteに突っ込んでいつでも見られるようにしておきました。

実際にやってみて

本に付属されているIDを使い、ネットでテストを受けます。(古本だとIDが使えないっぽいので注意)

こんな感じの質問に177問答えていきます。1問あたり20秒の制限時間があるので、直観的にクリック。

30分程度で終わります。

テストが終わると、34の資質のうち、自分の上位5つの資質が表示されます。

ボクの上位5つの資質は先ほどの通りです。

1位の「親密性」についての詳細レポートをみてみると、、、

  • 仕事、研究、遊びにおいて自分の期待に応え続けている
  • 日常が忙しいことに最も充実感を感じる。
  • ダラダラしているのは性に合わず、常にやることを探している
  • 干渉・批判に不快感を覚える
  • 人付き合いに慎重

自分の期待に応えているかはさておき、常に動いてないと気持ち悪いのは確かです。少しでも誰かに邪魔されるとイラッとするのも確かです。。。

これが「親密性」と言われると???となりますが、どうやら気が合う人とだけ一緒にいたい、という性質ということみたいです。

2位の「活発性」については。。。

  • 自分のことをさらけ出すのを苦にしない
  • アイデアを話だけのものから実際の行動に移す
  • 自分との会話を迫ることで、新たに組織に加わった人や外部の人を面食らわせがち(意図的なこともあるが、多くは強引であることに気づいていない)
  • 物事を動かしたい・完成させたい

人の目を一切気にせず・考えるより先に行動するボクのことを完璧に表現しています。。。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

「やりたい!」と思ったらリスクが頭に浮かぶ前に行動しますし、「やめたい、やりたくない」と思ったら何があってもやりません。。。

3つ目に関しては本当に申し訳なく思っています。。。ウザいって思われようが、会いたい人には会いに行くし話したい人には話しかけます。。。(たいていは意図的ですが)

なんとな~く自覚があったことが多いですが、こうして客観的にわかりやすく説明されることで、自分についての理解が深まりました。

強みの活かし方

自分への理解が深まり、強みを理解できても、それを活かせなければ意味がありません。

どうやって活かすかは人それぞれですし、本に書いてある通りの活かし方をしてもいいでしょう。

ボクの場合、まずは上記の詳細レポートを徹底的に都合よく解釈してみました。

五角形のレーダーチャートなら、凹んだ部分を伸ばすのではなく、出っ張った部分を伸ばす。いびつな形を是とするイメージです。

 

 

これは1位の「親密性」のレポートです。お客様の目標をサポートする仕事である税理士はあなたの天職です!と書いてあるように思えます。

上記の「活発性」の特徴について考えてみても、ボクくらい人・物事に対してビビらない人ってあまり見たことがありません。(ただのバカ、という言葉を飲み込んで)

アレコレ考える前に行動するのが絶対的に有利なのは皆わかっていても、実際に思いついたらすぐ動ける人ってあまりいませんよね。

皆頭良すぎてリスクとか色々考えちゃうんだと思います。何も考えずに動く、これはボクの才能ってことにしておきます。

行動アイデアからも活かし方をピックアップできます。参考になったのは次のようなものです。

おそらくあなたは、職能、上司、肩書といった面を重視せずに、1人の平等な個人として、または友人として扱ってもらうことを好むでしょう。 フォーマルな呼び方ではなく、ファーストネームで呼んでも構わないことを他の人に伝えてください。

あなたには、他の人が心を開いていることを感じ取れるまで、あなたの人間性の最も魅力的な部分を表に出さない傾向があるかもしれません。 人間関係を構築するには一方通行ではいけないことを忘れないでください。 積極的に自分を表に出してください。そうすることで、他の人はあなたの真の個性をすぐに理解し、強力で長続きする関係を構築する機会がずっと増えることでしょう。

 自分で意思決定ができ、その決定に基づいて行動できる仕事を選びます。 具体的には、創業期や転換期にある仕事を探します。

あなたは革新的なアイデアをすぐに行動に移すことができます。 創造的で独創的な考え方をする人を見つけ、彼らがアイデアを概念的な理論から具体的な実践へ移せるように手助けをしてください。

あなたは非常に粘り強い人ですが、ほかの人を委縮させてしまうこともあるので注意してください。 あなたの持つ「活発性」の才能は、他の人の信頼や忠実さを初めて得たときに最も効果を発揮します。

 メモや日記に自分のアイデアをリストアップします。 これらのアイデアは、あなたの心の糧となり、貴重な洞察を生み出します。

考えるための時間をスケジュールしてください。考えることはあなたにエネルギーを与えます。 その機会を利用して、物事について深く考えたり、思案したりします。

文章を書く時間を取ります。 書くことは、あなたにとって考えをまとめるのに最高の方法かもしれません。

自分で作業量を調節しながら生産性を管理できる仕事を選びます。 そのような環境ではやりがいを感じながら、生き生きと働くことができます。

仕事の内容を自分で決めることができる仕事を選びます。 あなたは自立に伴うリスクを恐れません。

自分が既にやっていて「やっぱり正しかったんだ」と安心するものもあれば「そうすれば良かったのか!」と納得できるものもあるので、オススメです。

これを読むだけでも、「ブログ書く・独立・年下でもタメ口にしてもらう」などが正しかったとわかりましたし、「行動は自分で出来るからサポートしてくれる頭良い人を見つける」「自分のやりたいだけで空回りせずに周りも見る」などが課題だと理解できました。

 

レポートを熟読すれば強みが理解できますし、そこから自分で熟考したり行動アイデアを参考にすることで強みの活かし方が見えてきそうです。

 

自分を深く理解したい、強み・長所を知りたい。って方にはオススメですよー。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。