税理士試験、通信(映像通学)は不利?合格できる?メリット・デメリットの考察




税理士試験受験において、通信や映像通学は不利になるのでしょうか。

通信・映像通学は不利?

通信講座のデメリットとしてよく言われるのは、

  • 仲間がいない、孤独
  • モチベーションやペースの管理が難しい
  • 講師にすぐ質問できない
  • 続けられない
などが多いです。

僕自身は、これらをデメリットとは感じていませんでした。

 

僕の場合、地元(千葉県柏市)に大原がありましたが、教室通学を選択したのは財務諸表論だけです。

簿記論と法人税法は映像通学、相続税法と酒税法は通信で合格しています。自習室は利用してましたが。

受験はしませんでしたが、最終年の結果待ちの状況で勉強した所得税も通信です。

他にも通信で合格された方を何人も知っています。

 

デメリットを抑え・メリットを活かせば、むしろ通信のほうが集中して勉強できる印象があります。

通信のデメリットを解決するための工夫

仲間がいない・孤独

周りに人がいないのは、慣れ合う必要がない、勉強に集中できるとも言えます。

僕の場合、講師や同じ教室の人が話しかけてくる通学講座より、人と関わらずに済む通信のほうが捗りました。

受験仲間はSNSで繋がってましたし。

ペースの管理

通信の一番のネックはペース管理の難しさ。

僕はペース管理をするために、次の3つのルールを設定していました。

  • 通学講座と同じペースで講義を消化する
  • 講義を受ける曜日・時間帯を決める
  • 講義を受ける場所を決める

 

講座に申し込むと、「講義日程表」という、通学生用の講義のスケジュール表がもらえます(大原・TACで違いはあると思いますが)。

僕の場合、まずはそのスケジュール通り(週に2-3コマ)講義を消化する。かつ、火・土曜日の夜は講義。自室で視聴。とルールを決め、1年間守り抜きました。



 

「自分のペースで・好きな時に・好きな場所で講義を受けられる」という通信のメリットを全て拒否し、できるだけ通学生と同じ条件に近づけることでペース維持をしていました。

 

余談ですが、1年間休まずに全ての講義を消化する方って意外と少ないらしく、それをクリアするだけでも合格に一気に近づくとか。簿記論の時の講師曰くですが。

その話もペース管理・維持の力となりました。


サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

モチベーションの維持

ペース管理さえしっかりできていれば、モチベーションの低下に悩むことはありませんでした。

モチベーションの上がり下がりに関係なく、定期的に講義を消化していくので。

 

勉強が辛い、やりたくない、という時期は通学でもやってきますし、通信特有のものではないかなと。

講師に質問できない

大原・TACには、電話 or メールでの質問サービスがあります。

質問サービスを活用し、疑問はすぐに解決するようにしていたので問題ありませんでした。

校舎に立ち寄った時に直接聞くこともしていました。

講師を選べない

こればっかりはどうしようもありませんが…。

ただ、通信講座や映像講座を任されるのは、各予備校のエース級の方たちです。

なので、講師のレベルという意味では心配しなくて良いはず。僕自身、通信講座の講師に不満を持ったことはありませんし。

相性とかはどうしようもありませんが。。。

通学生とサポートに差があるのでは?

講義の内容やサポートに差を感じたことはありません。

通信のメリット

メリットももちろんあります。

通学時間がいらない

無駄に移動しなくて良いというだけでも、ラクです。

講義を時短できる

通学の場合、講義は休憩時間を含めて3時間、延長すれば3時間20分くらいかかります。

通信なら、休憩なし・倍速機能などを使って、2時間弱で終わらせることもできます。

 

倍速機能、僕は1.3倍に設定することが多かったですが、1.8倍、2.0倍で消化してる方も結構いました…。

何度でも講義を視聴できる

何度でも講義を視聴できるのも助かります。

講義中に「聞き逃したからもう一度」「理解できなかったからもう一度」となったり、

何ヵ月か経ってから「ここの理屈どういうことだっけ」ということも結構起こります。

そんな時にサッと講座を再視聴できるのも通信のメリットです。

映像通信のメリット

映像通学といって、学校に行ってDVDで講義を受講するコースもあります。

実際に校舎に通うため、ペースが掴みやすく、かつ、人と関わる必要がない、通信と通学のいいとこどりができるコースです。

ペース管理がどうしても不安な方は、こちらもオススメします。

 

通学・通信ともに良いところがあり、通信じゃ合格できないということはありません。

自分の勉強スタイルに合う選択をしていただければ。


[編集後記]

先週金曜日は、クライアントの問い合わせ対応を中心に。

土日は娘と遊んだりネカフェいったり。蒼天航路を読み始めました。

この記事を書いた人 入野 拓実
独立3年目の30歳。自称「とっつきやすい系税理士」
『得意分野⇒フリーランスの法人化/中小企業の経営分析/自力申告サポート/独立起業支援』
ブログは平日毎日更新。遠方・スポットにも対応。セミナー自主開催。
1989.3.6生まれ。妻・娘(3歳)と3人暮らし。
エンジョイゲーマー・音楽オタク。基本カジュアル。
twitter instagram
サービスメニュー
遠方の場合でも、ビデオ通話+PC画面共有などで対応しております。 【サービスメニュー】 【その他】

※当ブログの記事は、投稿日現在の法律に基づいて書いております。 改正や個別的なケースには対応していない場合もありますので、ご注意ください。






記事をシェアしてください!

ABOUTこの記事をかいた人

音楽オタクで一児のパパな30歳の税理士。 遠方の方やスポットのご相談にも対応しています。 得意分野 → 法人成り・財務分析・残るお金を最大化するためのアドバイス。 ブログは平日毎日更新、フリーランスや社長向けの財務・経理や、自分のワークスタイルについて書いています。